広島県三次(みよし)市議選(定数24)

2016年3月27日(日)告示
2016年4月3日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
黒木 靖治 (くろぎ せいじ) 当選 1 5 1,286 -
岡田 美津子 (おかだ みつこ) 当選 5 6 1,270 公式ホームページ

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明2、共産1、無所属21(前回=定数26=公明2、民主1、共産1、無所属22)。

当日有権者数は4万4383人。投票率は67.83%。

プロフィール

黒木 靖治
(くろぎ せいじ/59歳)

黒木 靖治

37年間、農協職員としてコメ、野菜、和牛の営農指導などに従事してきた農業の専門家。農家に徹底して寄り添ってきた、現場の苦労が分かる人。 「希望が持てる農業」へ初期投資の支援や後継者育成の推進を掲げる。定住促進へ若者のU・Iターンや子育て支援、教育環境の整備を訴え、市政に挑戦する。 【略歴】党副支部長。県立上下高校卒。59歳。

岡田 美津子
(おかだ みつこ/61歳)

岡田 美津子

働く女性の声に応え、市立三次中央病院の病児保育室設置をリード。三次西健康づくりセンターの駐車場整備や遊具施設「みよしあそびの王国」のトイレ、授乳室の新設も実現したほか、空き家解体の補助制度も推進した。 福祉、子育ての充実と農林・商工業の振興を掲げ、5期目に挑む。 【略歴】党県県民運動局次長。市議4期。大阪芸術大学卒。61歳。