埼玉県志木(しき)市議選(定数14)

2016年4月3日(日)告示
2016年4月10日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
吉川 義郎 (よしかわ よしろう) 当選 3 4 2,036 公式ホームページ
西川 和男 (にしかわ かずお) 当選 2 5 1,591 公式ホームページ
今村 弘志 (いまむら ひろし) 当選 1 7 1,337 -

定数14に対する当選者の党派別内訳は、公明3、共産2、おおさか維新1、諸派1、無所属7(前回=定数15=公明3、民主1、共産2、みんな1、無所属8)。当日有権者数は5万8649人。投票率は40.75%。

プロフィール

吉川 義郎
(よしかわ よしろう/59歳)

吉川 義郎

市議会の副議長として活躍。市民の足を確保するデマンド型タクシーの導入や、志木駅東口のスーパー跡地に商業施設や保育園の誘致など、数々の政策を実現してきた。 地域包括ケアシステムの構築で高齢者が安心して暮らせる街づくりと、情報通信技術を活用した学校教育の充実に全力。 【略歴】党支部長。市議2期。創価大学卒。59歳。

西川 和男
(にしかわ かずお/59歳)

西川 和男

現場の“小さな声”を大切にする誠実の人。発達障がい児の早期発見を目的とした相談センターの創設に尽力。患者や家族が気軽に交流できる認知症カフェや見守りSOSステッカーの配布も実現した。子どもたちの放課後学習支援や、文化芸術振興と地域にぎわいづくりの推進に情熱を燃やす。 【略歴】党総支部副団体渉外部長。市議1期。法政大学卒。59歳。

今村 弘志
(いまむら ひろし/47歳)

今村 弘志

「若い力と情熱で未来をひらく!」をモットーに市政へ初挑戦。地域を奔走する中で、“一人の声”に真摯に耳を傾け、若者や高齢者が抱える現場の課題を真正面から受け止める。災害対策や道路のインフラ整備に加え、認可保育所増設で待機児童の解消や、高齢者が元気に暮らせる志木市創生を固く誓う。 【略歴】党支部青年委員。浦和学院高校卒。47歳。