千葉県四街道(よつかいどう)市議選(定数22)

2016年2月21日(日)告示
2016年2月28日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
清水 清子 (しみず きよこ) 当選 4 3 1,602 公式ホームページ
西塚 義尊 (にしづか よしのり) 当選 1 6 1,474 -
髙橋 絹子 (たかはし きぬこ) 当選 5 9 1,432 公式ホームページ

定数22に対する当選者の党派別内訳は公明3、民主1、共産2、ネット2、無所属14(前回=公明3、民主3、ネット1、無所属15)。当日有権者数は7万3191人。投票率は45.83%。

プロフィール

清水 清子
(しみず きよこ/66歳)

清水 清子

抜群の行動力で2000件を超す市民相談を市政に反映してきた。特別支援の教員として30年の経験を生かし、現場の視点から、特別支援員の配置や学校図書館の充実、介護予防教室、スポーツ行事への参加を促進。子育てや教育の支援、健康寿命を延ばす施策などに、固い決意で取り組む。 【略歴】党支部長。市議3期。国士舘大学卒。66歳。

西塚 義尊
(にしづか よしのり/51歳)

西塚 義尊

中学から大学まで長距離走で心身を鍛えたスポーツマン。障がいがある弟の姿を通して、一人に寄り添う政治の必要性を感じてきた。28年間勤めた大手スポーツ用品メーカーでの営業経験を生かし、市民の声に真摯に耳を傾け、「健康で元気に暮らせる街づくり」をテーマに持ち前の持久力で粘り強く政策に反映することを誓う。 【略歴】党副支部長。創価大学卒。51歳。

髙橋 絹子
(たかはし きぬこ/61歳)

髙橋 絹子

市民の声を一つ一つ市政に届ける庶民派。安全を守るため、防犯カメラの増設や防犯灯のLED化に尽力。重度心身障害者(児)医療費助成制度の改善にも取り組んだ。健康づくりを応援する「よつかいどう健幸ポイント制度」の導入や防災対策のさらなる拡充で、安心して暮らせる街づくりに挑む。 【略歴】党総支部長。市議4期。茨城大学卒。61歳。