埼玉県新座(にいざ)市議選(定数26)

2016年2月7日(日)告示
2016年2月14日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
滝本 恭雪 (たきもと やすゆき) 当選 5 2 2,413 公式ホームページ
川上 政則 (かわかみ まさのり) 当選 5 4 2,136 公式ホームページ
野中 弥生 (のなか やよい) 当選 2 6 2,049 公式ホームページ
亀田 博子 (かめだ ひろこ) 当選 6 7 2,000 公式ホームページ
白井 忠雄 (しらい ただお) 当選 4 10 1,973 公式ホームページ
鈴木 秀一 (すずき ひでいち) 当選 2 11 1,915 公式ホームページ
佐藤 重忠 (さとう しげただ) 当選 2 14 1,833 公式ホームページ

定数26に対する当選者の党派別内訳は公明7、共産6、おおさか維新1、無所属12(前回=公明7、共産6、みんな2、無所属11)。当日有権者数は13万590人。投票率は40.66%。

プロフィール

滝本 恭雪
(たきもと やすゆき/57歳)

滝本 恭雪

初当選以来、毎回の定例会で質問に立ち、一人の声を市政につなげてきた実力派。「空き家対策」条例の制定や福祉施設への期日前投票所の設置に尽力してきた。介護予防策の充実や地域包括ケアシステムの構築を進め、障がい児の特別支援学級、通級指導教室の増設など、さらなる福祉充実をめざす。 【略歴】党支部長。市議4期。創価大学卒。57歳。

川上 政則
(かわかみ まさのり/62歳)

川上 政則

これまでに受けた市民相談は1万件超。生活者の視点を大切にし、全ての定例会で一般質問を行ってきた。公共施設、コンビニへのAED配置や毎年12月第1日曜日の市「エコライフデー」を推進するなど、アイデアが光る。震災の教訓を生かした災害に強い街づくりで、市民の安全・安心を守る。 【略歴】党総支部長。市議4期。創価大学卒。62歳。

野中 弥生
(のなか やよい/52歳)

野中 弥生

「母と子の笑顔かがやく新座を!」が信条。徹底して市民との対話を心掛けてきた。海外姉妹都市との交流促進や乳幼児健診日と予防接種日が一目で分かるカレンダーの配布を主導。読書通帳を通し、子どもの読書習慣づくりも推進。公民館を活用した青少年の居場所づくりで子どもたちの未来を守る。 【略歴】党総支部副庶務部長。市議1期。創価大学卒。52歳。

亀田 博子
(かめだ ひろこ/62歳)

亀田 博子

一人一人との対話を心掛け、タイムリーな政策提言で市議会をリード。高校卒業時までの入・通院費の無料化を推進。女性の集団検診を促進するため、医師・看護師が全員女性という「レディースデー」を導入した。待機児童の解消や障がい者施設の拡充など、福祉政策を柱にする政治実現に情熱を燃やす。 【略歴】党副総支部長。市議5期。県立朝霞高校卒。62歳。

白井 忠雄
(しらい ただお/50歳)

白井 忠雄

「現場第一! 市民のために真剣! 誠実!!」をモットーに、市内を駆け回る。学校体育館の天井等の落下防止や通学路に信号機設置を実現するなど、市民の声を形にしてきた。市内循環バス「にいバス」のルート拡充や高齢者の孤立死を防ぐ取り組みなど、いつまでも住み続けられる街づくりに意欲。 【略歴】党県遊説局長。市議3期。創価大学卒。50歳。

鈴木 秀一
(すずき ひでいち/58歳)

鈴木 秀一

小さな声にスピード一番で対応。市民相談800件、実績は300件を超える。一人の生命を守るため、まちかど安全点検を実施し、交差点の渋滞緩和やゲリラ豪雨による冠水被害対策を前進させた。西武線ひばりヶ丘駅北口のエレベーター設置やデマンドタクシーの実現をめざす。 【略歴】党総支部副機関紙推進部長。市議1期。山形県立米沢興譲館高校卒。58歳。

佐藤 重忠
(さとう しげただ/47歳)

佐藤 重忠

市議会では認知症対策に徹して取り組んできた行動派。認知症による行方不明者の早期発見を目的とした「徘徊高齢者声かけ模擬訓練」を実現。リース方式で8848基に上る道路照明灯のLED化も推進した。障がい者などの社会的弱者とその家族が安心して暮らせる社会構築に全力を傾ける。 【略歴】党総支部政策部長。市議1期。国士舘大学卒。47歳。