山梨県南(みなみ)アルプス市議選(定数22)

2016年11月13日(日)告示
2016年11月20日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
齊藤 博明 (さいとう ひろあき) 当選 3 2 1,755 -
河野 木綿子 (こうの ゆうこ) 当選 3 4 1,738 公式ホームページ
小池 伸吾 (こいけ しんご) 当選 2 6 1,614 公式ホームページ

定数22に対する当選者の党派別内訳は、公明3、共産2、無所属17(前回と同じ)。当日有権者数は5万8817人。投票率は58.19%。

プロフィール

齊藤 博明
(さいとう ひろあき/57歳)

齊藤 博明

「行動第一!」を信条に、医療・福祉政策をリード。ジェネリック医薬品の使用促進やレセプト(診療報酬明細書)の情報を活用したデータヘルスを導入。ユネスコエコパークに登録された市の魅力発信へ、環境教育の活動拠点の整備を後押しした。地域包括ケアシステムの構築と障がい者の支援充実に挑む。 【略歴】党支部長。市議2期。日本福祉大学卒。57歳。

河野 木綿子
(こうの ゆうこ/58歳)

河野 木綿子

主婦の目線で生活者の声を市政に届け、災害時の避難所運営に女性の視点を反映。子ども医療費の窓口無料化を中学3年生まで拡充したほか、資源回収センターを2カ所に設置するなど、住民の生活に直結した負担軽減策を実現してきた。結婚や出産、子育てが安心してできる笑顔輝くまちづくりをめざす。 【略歴】党支部長。市議2期。明治大学卒。58歳。

小池 伸吾
(こいけ しんご/55歳)

小池 伸吾

持ち前の実行力を生かし、公共施設における非構造部材の耐震化や防災備蓄倉庫の拡充など、“庶民を守る”政策に力を尽くす。高齢者介護ボランティアポイント制度の実現、コミュニティバスの運行も推進してきた。防災・減災対策の強化やインターネット依存症の予防、若者の定住促進に意欲を燃やす。 【略歴】党支部長。市議1期。県立巨摩高校卒。55歳。