大阪府東大阪(ひがしおおさか)市議選(定数38)

2015年9月20日(日)告示
2015年9月27日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
江越 正一 (えごし しょういち) 当選 5 6 4,601 公式ホームページ
西田 和彦 (にしだ かずひこ) 当選 5 8 4,179 公式ホームページ
松尾 武 (まつお たけし) 当選 4 9 4,133 公式ホームページ
吉田 聖子 (よしだ しょうこ) 当選 2 10 4,083 公式ホームページ
菱田 英継 (ひしだ ひでつぐ) 当選 5 12 3,905 -
山﨑 毅海 (やまさき よしうみ) 当選 5 15 3,843 公式ホームページ
松川 啓子 (まつかわ けいこ) 当選 2 17 3,794 公式ホームページ
江田 輝樹 (こうだ てるき) 当選 4 21 3,660 公式ホームページ
川光 英士 (かわみつ ひでひと) 当選 6 24 3,531 公式ホームページ
安田 秀夫 (やすだ ひでお) 当選 2 25 3,452 公式ホームページ

定数38に対する当選者の党派別内訳は公明10、自民6、民主1、共産6、大阪維新の会8、諸派1、無所属6(前回=定数42=公明12、自民6、民主2、共産9、諸派1、無所属12)。当日有権者数は39万3178人。投票率は45.52%。

プロフィール

江越 正一
(えごし しょういち/61歳)

江越 正一

誠実で謙虚な人柄。何事にも努力を惜しまず、真剣に課題解決に取り組む行動派。 災害時に備え、全小・中学校に備蓄物資保管所を設置したのは、この人。自動二輪車用の駐輪場整備も実現。市内に残る多くの歴史遺産を核にした観光振興も推進中。待機児童ゼロと生駒山麓の環境保護などを誓い走る。 【略歴】党府労働局次長。市議4期。府立成城工業高校卒。61歳。

西田 和彦
(にしだ かずひこ/58歳)

西田 和彦

明朗快活。気さくで飾らない人柄が魅力の苦労人。「誠実一筋」を信条に、課題解決へ粘り強く取り組み、実績を積み重ねてきた。 AEDを全公共施設と学校に配備したほか、小学校にドライミストを順次設置。LED防犯灯の整備予算も拡充した。駅舎へのエレベーターと防犯カメラの増設に力を注ぐ。 【略歴】党府団体渉外局次長。市議4期。大阪経済法科大学卒。58歳。

松尾 武
(まつお たけし/52歳)

松尾 武

誠実で沈着冷静。的確な判断力と豊かな行動力を兼ね備えた人。 徘徊する高齢者の早期発見へ、市内の事業者らの協力による「見守りネット」を構築。一人暮らしの高齢者へ救急医療情報キットの配布も実現した。国民健康保険料の向こう3年間の引き下げ、子育て支援センターの設置などを掲げ疾駆する。 【略歴】党府遊説局長代理。市議3期。神戸大学卒。52歳。

吉田 聖子
(よしだ しょうこ/59歳)

吉田 聖子

下町育ちの庶民派。4年間で受けた市民相談は2000件。手作り絵本の講師や母親の介護経験生かし、課題解決に奔走してきた。 ブックスタート事業に加え、専用電話・生活保護情報ホットラインの設置も実績だ。地域包括センターの拡充による高齢者施策と、空き地・空き家対策の推進などを訴え走る。 【略歴】党支部長。市議1期。追手門学院大学卒。59歳。

菱田 英継
(ひしだ ひでつぐ/55歳)

菱田 英継

一度決めたら最後までやり抜く“信念”と、政策実現力の持ち主。 介護保険料や固定資産税などの口座振替通知書の発送回数を見直し、1900万円の経費を削減。国民健康保険証のカード化や災害時の指定避難所へ投光器の配備も進めた。「東大阪創生」へ、子育て支援の充実、駅前広場の整備などをめざす。 【略歴】党府政策局次長。市議4期。府立布施工業高校卒。55歳。

山﨑 毅海
(やまさき よしうみ/56歳)

山﨑 毅海

4期16年間で受理した市民相談は1万件を超える。どんな相談にも全力を傾け、一生懸命に取り組む実行力は折り紙付き。 モデル校を指定し、小中一貫教育を実施。子育て世代を支援するファミリーサポートセンターの設置も実らせた。小中一貫教育の本格導入と地域別防災計画の策定に総力。 【略歴】党府民運動局次長。市議4期。近畿大学卒。56歳。

松川 啓子
(まつかわ けいこ/53歳)

松川 啓子

「一人を大切に」が信条。市民相談は2000件を突破。気象警報が出る度に、いち早く地域を回る実践派だ。 土砂災害防止柵の設置や全小学校の通学路に安全啓発シールを敷設。産前産後ケアとして、宿泊とデイサービスの実施も推進した。地域別のハザードマップの作製、子育て支援に総力を挙げる。 【略歴】党支部長。市議1期。関西創価高校卒。53歳。

江田 輝樹
(こうだ てるき/61歳)

江田 輝樹

常に生活者の側に立ち、“人が輝く東大阪”めざし奔走してきた実行派。温かな人柄で、「気さくに相談できる人」との評価も。 市立総合病院の看護師確保へ独自の奨学金制度を創設。スタントマンによる自転車安全講習会も実現した。ゲリラ豪雨による水害の防止、認知症の対策強化に全力を傾ける。 【略歴】党府遊説局次長。市議3期。創価大学卒。61歳。

川光 英士
(かわみつ ひでひと/62歳)

川光 英士

抜群の実績持つ情熱と行動の人。モットーは「ひとりの人を大切に」。初当選以来、受理した市民相談は1万件を突破。親しみやすい人柄にも定評がある。 市民の要望に応え、子ども医療費助成制度の拡充、国民健康保険料の引き下げを実現。生駒山麓の防災対策の強化、中学校給食の実施促進などに全力。 【略歴】党副総支部長。市議5期。府立成城工業高校卒。62歳。

安田 秀夫
(やすだ ひでお/55歳)

安田 秀夫

在宅医療専門の会社を経て4年前、市議選に初当選。大学時代は働きながら社会福祉学を修得。議会きっての“福祉の専門家”。 市立総合病院近くの横断歩道に交通弱者用押しボタン式信号機を設置。介護予防へDVD「楽らくトライ体操」の制作も進めた。高齢者支援の拡充、里親相談会の開催に力注ぐ。 【略歴】党支部長。市議1期。日本福祉大学卒。55歳。