千葉県柏(かしわ)市議選(定数36)

2015年8月2日(日)告示
2015年8月9日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
小泉 文子 (こいずみ ふみこ) 当選 6 7 3,347 公式ホームページ
中島 俊 (なかじま たかし) 当選 4 13 2,922 公式ホームページ
小松 幸子 (こまつ さちこ) 当選 3 17 2,805 公式ホームページ
塚本 竜太郎 (つかもと りゅうたろう) 当選 3 20 2,694 公式ホームページ
林 伸司 (はやし しんじ) 当選 5 22 2,685 公式ホームページ
田中 晋 (たなか すすむ) 当選 5 23 2,675 公式ホームページ
橋口 幸生 (はしぐち ゆきお) 当選 4 25 2,619 公式ホームページ

定数36に対する当選者の党派別内訳は、公明7、自民7、民主3、共産5、市民ネット1、無所属13(前回=公明7、自民5、民主1、共産4、社民1、みんな1、新社会1、無所属16)。当日有権者数は32万6636人。投票率は35.25%。

プロフィール

小泉 文子
(こいずみ ふみこ/63歳)

小泉 文子

東武野田線・高柳駅のエレベーター設置を促進。さらに同駅の橋上駅舎化の早期実現をめざす。高齢者世帯への救急医療情報キットの配布も推進した。手賀沼を観光資源とした地域活性化や、交通不便地域へ1回100円の“ワンコインバス”の導入、市立小学校へのスクールカウンセラーの配置・拡充に意欲。 【略歴】党支部長。町議2期、市議3期。県立薬園台高校卒。63歳。

中島 俊
(なかじま たかし/51歳)

中島 俊

現場第一主義をモットーに、3期12年で市民相談は5000件以上。ゲリラ豪雨による冠水対策や通学路の安全対策などに迅速に対応。教職員の指導力向上へ教育現場改革に尽力。全国のモデルケースとなる在宅医療を推進し、地域包括支援センターや、特別養護老人ホームの整備・拡充に全力を傾ける。 【略歴】市議会党幹事長。市議3期。拓殖大学卒。51歳。

小松 幸子
(こまつ さちこ/55歳)

小松 幸子

「市民に輝きと希望を」と、困り事や悩み事にきめ細かく手を打ってきた。市女性消防団の設置に奔走し、自らも団員として地域防災計画に女性の視点を反映させた。市立柏病院を移転せず現在地での機能拡充や、北柏駅北口のエスカレーター設置に意欲。支え合いのまちへ、共助の仕組みづくりに力を注ぐ。 【略歴】党総支部庶務部長。市議2期。創価大学卒。55歳。

塚本 竜太郎
(つかもと りゅうたろう/44歳)

塚本 竜太郎

委員会提案の形で全国的に先駆した「空き家管理条例」制定に尽力。全市立小学校の5、6年生を対象に千葉県初の「ジュニア救命士」制度を導入したほか、地域の防災力を強化してきた。若者の雇用を支援するサポートステーションの拡充、高齢者が安心して暮らせる「地域包括ケアシステム」の構築に挑む。 【略歴】党県遊説局次長。市議2期。創価大学卒。防災士。44歳。

林 伸司
(はやし しんじ/53歳)

林 伸司

有料広告の掲載で年880万円(広報かしわ=580万円、市のホームページ300万円)の増収を実現。スマホで市の広報を気軽に閲覧できる無料アプリを導入した。東武野田線・柏駅へのホームドア設置に尽力。市立全小・中学校へのエアコンの設置、北部地域の生活の足となるデマンド交通の実現を誓う。 【略歴】党総支部長。市議4期。千葉敬愛経済大学卒。53歳。

田中 晋
(たなか すすむ/55歳)

田中 晋

市公共施設、市立全小・中学校にAEDを配備。市立全小・中学校の耐震化工事の前倒しも実現した。防犯灯のLED化を促進し、電気料金を大幅に削減。プレミアム商品券・子育て応援券の発行にも尽力。高齢者のための交通ネットワークの再構築や東京五輪・パラリンピックに向けたスポーツ振興に全力。 【略歴】党総支部政策部長。市議4期。東海大学卒。55歳。

橋口 幸生
(はしぐち ゆきお/52歳)

橋口 幸生

高機能消防指令システムを導入。リース方式による市所管の防犯灯のLED化を促進し、コストを大幅に削減した。「市児童虐待及びいじめ防止条例」の制定を推進し、児童福祉と教育現場の連携を強化。エコー検査導入によるがんの早期発見・治療、防犯カメラの設置など安全・安心の街づくりに情熱。 【略歴】党総支部議会部長。市議3期。県立沼南高校卒。52歳。