宮城県仙台市議選(青葉(あおば)区選挙区)(定数15)

2015年7月24日(金)告示
2015年8月2日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
嶋中 貴志 (しまなか たかし) 当選 4 9 5,259 公式ホームページ
鎌田 城行 (かまた しろゆき) 当選 4 10 5,098 公式ホームページ

総定数55に対し、当選者の党派別内訳は、公明9、自民16、民主9、維新1、共産7、社民5、諸派1、無所属7(前回=公明8、自民12、民主7、共産7、社民5、みんな4、無所属12)。当日有権者数は84万9455人。投票率は35.83%。

プロフィール

嶋中 貴志
(しまなか たかし/55歳)

嶋中 貴志

市内約1600カ所(公共施設約500カ所)へのAED設置を推進。視覚障がい者のための「活字文書読み上げ装置」を各区役所に導入するなど、「安心・安全」への政策実現に定評がある。 妊娠から出産、子育ての各ステージごとに切れ目なく悩み相談ができる拠点「ネウボラ」設立にも取り組む。仙台市青葉区西部に、災害時の避難・復旧拠点にも活用できる「道の駅・さくなみ」の設立などをめざし、「より安心・安全な都市 仙台」の構築へ奔走する。 【略歴】党市議団幹事長。市議3期。東北学院大学卒。55歳。

鎌田 城行
(かまた しろゆき/52歳)

鎌田 城行

市の「街路灯設置基準」見直しによる街灯の照度アップや、バス停に広告照明付上屋設置を推進するなど、“ズバリ。街を明るくした男”。交差点の車両乗り上げを防ぐガードパイプの補強を進めたほか、仙台駅西口地下駐輪場の24時間化や路上駐輪場の設置も推進。老人福祉の審議委員として敬老乗用車証の存続などにも尽力した。 24時間体制でサポートする介護サービスの充実や認知症予防の推進、仕事と子育てを両立できる環境整備にも取り組む。 【略歴】党県青年局長。市議3期。市立仙台高校卒、創価大学卒。52歳。