福島県会津若松(あいづわかまつ)市議選(定数30)

2015年7月19日(日)告示
2015年7月26日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
樋川 誠 (といかわ まこと) 当選 3 4 2,021 -
土屋 隆 (つちや たかし) 当選 4 7 1,951 公式ホームページ
大山 享子 (おおやま きょうこ) 当選 1 8 1,892 -

定数30に対する当選者の党派別内訳は公明3、自民1、民主1、維新1、共産2、社民3、無所属19(前回=公明3、自民2、民主3、共産2、社民3、みんな1、無所属16)。当日有権者数は9万8680人。投票率は50.24%。

プロフィール

樋川 誠
(といかわ まこと/50歳)

樋川 誠

小・中学校の体育館の耐震化をリード。認知症の人やその家族らが集まって交流する「認知症カフェ」の拡充にも尽力したほか、原発事故による避難者が入居する復興公営住宅の建設時に、地元の要望を反映させた。高齢者が地域で助け合う体制づくりや、大雨・大雪・地震に強い基盤整備に情熱を燃やす。 【略歴】党支部長。市議2期。県立小野高校卒。防災士。50歳。

土屋 隆
(つちや たかし/60歳)

土屋 隆

未来を担う子どもに読書に親しんでもらおうと、未就学児から中学生までの図書購入費の補助を後押し。買い物や病院に行くのが不便だった地域に、コミュニティーバスの運行も推進した。住民に開かれた議会改革に力を注ぎ、自治基本条例の制定に挑戦。核兵器の廃絶を願い、市民大会の開催もめざす。 【略歴】党支部長。市議3期。早稲田大学卒。60歳。

大山 享子
(おおやま きょうこ/59歳)

大山 享子

両親の介護経験や子どもの大病克服の体験を通し、母親・女性の視点から命を大切にする市政に意欲。幼稚園・小学校教諭の資格を生かし、教育環境の整備をめざす。冬期間も遊べる公園設置、高齢者の健康増進や医療・介護の充実、会津のシンボル・鶴ケ城周辺の緑地化を掲げ、魅力ある街づくりに挑む。 【略歴】党県女性局次長。関東短期大学卒。59歳。