埼玉県桶川(おけがわ)市議選(定数19)

2015年11月8日(日)告示
2015年11月15日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
仲又 清美 (なかまた きよみ) 当選 3 5 1,361 -
岩﨑 隆志 (いわさき たかし) 当選 2 6 1,333 -
保坂 輝雄 (ほさか てるお) 当選 2 9 1,182 -

定数19に対する当選者の党派別内訳は公明3、民主1、共産2、社民1、無所属12(前回と同じ)。当日有権者数は6万1202人。投票率は40.83%。

プロフィール

仲又 清美
(なかまた きよみ/54歳)

仲又 清美

面倒見が良く、持ち前の行動力と女性の視点を生かして、市政をリード。子ども医療費の窓口払い廃止や小学1年生に本をプレゼントする「セカンドブック」事業の導入を推進してきた。子育て世代の交流拠点となる中央児童館建設や放課後子ども教室の全小学校への拡大に全力で挑む。 【略歴】党総支部市民活動部長、同支部長。市議2期。旧大宮保育専門学校卒。54歳。

岩﨑 隆志
(いわさき たかし/56歳)

岩﨑 隆志

「一人ひとりを大切に」をモットーに、現場第一主義を貫く。75歳以上の医療費軽減対象者に行政から電話をして手続きを促す「コール・リコール」制度の導入や通学路の安全確保を主導した。防災機能を備えた新市庁舎建設や待機児童解消など、安全・安心の街づくりに情熱を燃やす。 【略歴】党総支部災害対策部長、同副支部長。市議1期。東京国際大学卒。56歳。

保坂 輝雄
(ほさか てるお/59歳)

保坂 輝雄

介護・福祉分野で、さらに貢献したいと今春、社会福祉士の資格を取得した努力家。緊急時に備えて70歳を超える高齢者に「救急医療情報キット」の配布や地域包括ケアシステムの構築に尽力。JR桶川駅の整備や道の駅建設など観光振興に力を注ぎ、にぎわいと活力あふれる街づくりに挑戦する。 【略歴】党副支部長。市議1期。慶應義塾大学卒。59歳。