兵庫県高砂市議選(定数21)

2014年8月31日(日)告示
2014年9月7日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
砂川 たつよし (すながわ たつよし) 当選 4 3 2,341 公式ホームページ
森 ひでき (もり ひでき) 当選 2 4 2,330 公式ホームページ
さこ川 高行 (さこがわ たかゆき) 当選 2 5 2,139 公式ホームページ

定数1減の中、公明党現職の砂川辰義(62)、森秀樹(50)、迫川高行(46)の3氏が当選を果たし、現有3議席を死守した。

定数21に対する当選者の党派別内訳は、公明3、自民2、共産2、諸派1、無所属13(前回=定数22=公明3、共産2、無所属17)。

当日有権者数は7万5052人。投票率は54・72%

プロフィール

砂川 たつよし
(すながわ たつよし/62歳)

砂川 たつよし

気さくな性格が魅力で、身近な相談役としてすぐ動く行動の人。 子ども医療費無償化の助成対象を中学3年生まで拡大。1人暮らしの高齢者や障がい者のために市職員が戸別訪問し、ごみを収集する「ふれあい収集」の実施も進めてきた。 SNSを活用したいじめ対策、安全・安心な町づくりを誓う。 【略歴】党県規律委員。市議4期。県立姫路工業高校卒。66歳。

森 ひでき
(もり ひでき/50歳)

森 ひでき

現場第一主義の行動派。真面目な人柄で誰からも親しまれる。 市内約7000カ所の防犯灯をLED化。防災対策として、避難所となっている小学校9カ所に井戸を設置したほか、老朽化した道路擁壁の大規模改修工事も後押ししてきた。 防災対策のさらなる強化と障がい者支援の充実に意欲を燃やす。 【略歴】党支部長。市議2期。長崎県立長崎工業高校卒。54歳。

さこ川 高行
(さこがわ たかゆき/46歳)

さこ川 高行

「誠実に一直線」を信条に、地域を回り市民相談を重ねる熱血漢。 市民の健康づくりを後押しする「高砂にこにこポイント制度」を導入。子育て世代包括支援センターの開設や認知症の簡易チェックサイトも実現させた。 子育て・教育環境の充実と、災害に強い地域づくりをめざす。 【略歴】党県青年局次長、同副支部長。市議2期。広島県立尾道工業高校卒。50歳。