沖縄県沖縄市議選(定数30)

2014年8月31日(日)告示
2014年9月7日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
高橋 真 (たかはし まこと) 当選 2 5 1,889 -
与那嶺 克枝 (よなみね かつえ) 当選 7 6 1,885 公式ホームページ
藤山 勇一 (ふじやま ゆういち) 当選 1 8 1,754 -
阿多利 修 (あたり おさむ) 当選 4 12 1,633 公式ホームページ

公明党現職の与那嶺克枝(60)、阿多利修(53)、高橋真(37)の各氏と、新人の藤山勇一氏(32)の全員が見事に当選を果たした。

定数30に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民1、共産3、社民2、無所属20(前回=公明4、民主1、共産2、社民2、諸派1、無所属20)。

当日有権者数は10万1950人。投票率は54・28%

プロフィール

高橋 真
(たかはし まこと/37歳)

党県青年局次長。市議1期。創価大学卒。37歳。

高橋 真

あふれる情熱と持ち前の行動力で市発展に尽力。中小企業振興条例制定や若者の就労支援の推進、こども医療費の自動償還払いなどを実現させてきた。子どもや若者への支援強化をはじめ、財政健全化に向け地方公会計に複式簿記導入をめざす。「暮らしを守り、未来を育む改革に挑戦」と決意に燃える。

与那嶺 克枝
(よなみね かつえ/60歳)

党県女性局次長。市議会副議長。市議6期。昭和音楽短大卒。60歳。

与那嶺 克枝

子育て日本一へ、双子などの赤ちゃんを対象に1歳6カ月までミルクを無料支給。泡瀬、比屋根幼稚園で初となる給食のモデル実施も。高齢者の介護予防「パタカラ体操」(口腔ケア)の普及、伝統文化や音楽産業による地域活性化に全力。

藤山 勇一
(ふじやま ゆういち/32歳)

党県青年局次長。元市嘱託職員。創価大学卒。32歳。

藤山 勇一

市の母子自立支援プログラム策定員として、ひとり親家族の就労・生活支援に尽力してきた。「一人を大切に」が信条。市政発展を担う期待の即戦力。「子どもたちが明るく元気に暮らせる市にしたい」と決意。待機児童解消や学童保育の充実、給食費軽減などを政策に掲げ、市政に新風を巻き起こす。

阿多利 修
(あたり おさむ/53歳)

党県市民活動局長。市議3期。県立北谷高校卒。53歳。

阿多利 修

通学路の安全対策として、県内で先進的に車の最高速度を時速30キロとする区域規制「ゾーン30」を導入。初当選以来、約12年間、児童らの朝の見守り活動にも取り組む。防災マップの刷新や自主防災組織の立ち上げ、防災教育も推進。安全・安心の街づくりに情熱を燃やす。