高知県香美市議選(定数20)

2014年8月31日(日)告示
2014年9月7日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
織田 秀幸 (おりた ひでゆき) 当選 3 4 729 公式ホームページ
比与森 みつとし (ひよもり みつとし) 当選 4 5 712 公式ホームページ

定数2減の中、公明党現職の比与森光俊氏(62)が712票(5位)、織田秀幸氏(64)が729票(4位)をそれぞれ獲得して当選し、現有2議席を確保した。

公明の合計得票数は前回に比べ、投票率が9・38ポイント下がる中で171票増やし、過去最高を記録した。

定数20に対する当選者の党派別内訳は、公明2、共産4、無所属14(前回=定数22=公明2、共産4、無所属16)。

当日有権者数は2万3050人。投票率は57・95%

プロフィール

織田 秀幸
(おりた ひでゆき/64歳)

党支部長。市議2期。岡山理科大学卒。64歳。

織田 秀幸

市内全域のブロードバンド化と情報インフラ整備、住民負担を軽減する集落整備事業の補助率アップ、防犯灯電気料金の全額補助など、住みよい地域づくりの実績が光る。基幹産業である農林業の振興、森林整備による環境保全を強力に推進。地域の防災対策や生活環境整備でも抜群の信頼がある。

比与森 みつとし
(ひよもり みつとし/62歳)

比与森 みつとし

コミュニティ・スクールの全校設置推進、特別支援教育の充実、山田小学校の正門改築、不登校児童・生徒の支援対策など、郷土の子どもたちを育む教育の実績が豊富。 地震被災対策をはじめ、ふるさと納税の拡充、不妊治療費の助成も推進。現場第一主義で、定住人口増加など重要課題に取り組む。 【略歴】党総支部長。市議4期。元副議長。京都産業大学卒。66歳。