沖縄県石垣市議選(定数22)

2014年8月31日(日)告示
2014年9月7日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
平良 秀之 (たいら ひでゆき) 当選 4 1 1,313 公式ホームページ
大石 行英 (おおいし こうえい) 当選 8 2 1,298 公式ホームページ

公明党現職の大石行英氏(63)が1298票(2位)、平良秀之氏(44)が1313票(1位)をそれぞれ獲得し、当選を果たした。

定数22に対する当選者の党派別内訳は、公明2、自民1、共産1、諸派1、無所属17(前回=公明2、共産1、社民1、無所属18)。

当日有権者数は3万7197人。投票率は70・09%

プロフィール

平良 秀之
(たいら ひでゆき/44歳)

党県青年局次長。市議会総務財政委員長。市議3期。創価大学(通教)卒。44歳。

平良 秀之

誠実と情熱あふれる行動派。現場主義に徹し、乳幼児医療費の自動償還払いや、がん・難病患者の島外治療渡航費支援、前立腺がんの1コイン(500円)検診を実現した。児童館の早期建設や、防災・減災に強い街づくり、特定健診の充実などに意欲を燃やす。

大石 行英
(おおいし こうえい/63歳)

党県離島振興副委員長。市議会副議長。市議7期。沖縄大学卒。63歳。

大石 行英

「市民のために」との強い信念を持った熱血漢。日々の市民相談が原動力。核廃絶平和都市宣言や食肉センター建設などを実現。地域での実績も豊富。プラネタリウムや水族館の建設、いじめ虐待防止条例制定などに意欲。「平和で豊かな国際観光都市に」と決意する。