沖縄県宜野湾市議選(定数26)

2014年8月31日(日)告示
2014年9月7日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
伊波 一男 (いは かずお) 当選 5 4 1,560 -
大城 政利 (おおしろ まさとし) 当選 8 8 1,495 公式ホームページ
岸本 一徳 (きしもと かずのり) 当選 4 13 1,357 公式ホームページ

定数2減の中、公明党現職の大城政利(63)、伊波一男(53)、岸本一徳(60)の各氏が激戦を突破し、全員当選を果たした。

定数26に対する当選者の党派別内訳は、公明3、維新1、共産1、社民2、無所属19(前回=定数28=公明3、民主1、共産1、社民2、諸派1、無所属20)。

当日有権者数は7万1275人。投票率は55・13%

プロフィール

伊波 一男
(いは かずお/53歳)

党県広宣局次長。市議4期。県立普天間高校卒。53歳。

伊波 一男

中学時代に両親を亡くし、苦労した経験から、常に弱者の目線で政策を実現。認可外保育園への助成拡充や小・中学校への防犯カメラ設置、住民票自動交付機の設置を推進。市少年野球の会長を14年務め、スポーツを通した青少年健全育成に情熱を注ぐ。待機児童の解消など、子育て環境の整備に全力。

大城 政利
(おおしろ まさとし/63歳)

党県副幹事長。市議7期。沖縄国際大学中退。63歳。

大城 政利

初出馬の際、目の不自由な老婦人から受けた懸命な応援を原点に、正義感と行動力で地域に信頼を広げてきた。議会では副議長を務め、他会派からも一目置かれる存在。ごみの門前収集の完全実施や、全小学校区への児童センターの設置、障害者就労支援センターの開設などを掲げ、8期目に挑む。

岸本 一徳
(きしもと かずのり/60歳)

党県政策局次長。市議会福祉教育委員長。市議3期。日本大学中退。60歳。

岸本 一徳

国会議員秘書13年間で培った政治センスに定評。リース方式による市内の全防犯灯3500基のLED化やブックスタート事業の導入、学校給食のアレルギー対策など多彩な実績を積み上げた。自治体クラウドの導入や市財政の健全化を促進し、市民サービスの向上をめざす。