鳥取県米子市議選(定数26)

2014年6月15日(日)告示
2014年6月22日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
安田 あつし (やすだ あつし) 当選 5 1 3,161 公式ホームページ
矢田貝 かおり (やたがい かおり) 当選 1 2 3,108 公式ホームページ
前原 しげる (まえはら しげる) 当選 1 3 2,950 公式ホームページ
今城 まさこ (いましろ まさこ) 当選 1 8 2,543 公式ホームページ

定数4減の中、公明党現職の安田篤(60)、新人の今城雅子(52)、前原茂(49)、矢田貝香織(47)の4氏が激戦を突破し、現有議席を守った。

公明の得票数は前回より875票増の1万1762票で、過去最高を記録した。

定数26に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民1、民主1、共産1、無所属19(前回=定数30=公明4、自民1、民主2、共産3、無所属20)。

当日有権者数は11万8723人。投票率は51・99%。

プロフィール

安田 あつし
(やすだ あつし/60歳)

安田 あつし

鳥取大学病院救命救急センターの設置や市役所へのフロアマネージャー(総合受付案内)配置、高校卒業までの入院・通院費助成を実現。福尾橋架け替え、ごみ置き場のステーション化など実績は多彩。ムダを排した自立的・効率的な行政システムの確立、地域の安全を確保する防災対策の充実をめざす。 【略歴】党県副代表。市議5期。修成建設専門学校卒。64歳。

矢田貝 かおり
(やたがい かおり/47歳)

矢田貝 かおり

「いのち輝く街へ」をモットーに、ヘルプマークの配布と普及啓発、ヒートショックに関する情報発信、5歳児健診の実現、発達相談の充実などに取り組んできた。災害時避難拠点への非常用電源、備蓄品の整備など防災・減災対策や妊娠から子育て期まで切れ目ない支援の充実を誓う。 【略歴】党県福祉対策局次長。市議1期。県立鳥取看護専門学校卒。51歳。

前原 しげる
(まえはら しげる/49歳)

前原 しげる

現場第一の行動派。誠実な姿に周囲の信頼は厚い。災害時の福祉避難所運営マニュアルの作成や飼い主のいない猫の不妊去勢手術助成事業の実現、米子市空き家情報バンクの設立など、多くの実績を積み上げた。安定した雇用対策の推進、荒廃地対策による地域農業の活性化などに意欲を燃やす。 【略歴】党県青年局長。市議1期。創価大学卒。53歳。

今城 まさこ
(いましろ まさこ/52歳)

今城 まさこ

明るく朗らかで行動力は抜群。公民館に避難所マークを、市役所内多目的トイレに簡易型オストメイト設備を設置。廃棄物収集時の盗難防止啓発をごみカレンダーに掲載するなど実績が光る。防災士の養成と女性防災リーダーの育成や安心して産み育てられる子育て環境の整備に全力を注ぐ。 【略歴】党県経済産業局次長。市議1期。県立米子西高校卒。56歳。