鳥取県米子市議選(定数26)

2014年6月15日(日)告示
2014年6月22日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
安田 篤 (やすだ あつし) 当選 5 1 3,161 公式ホームページ
矢田貝 香織 (やたがい かおり) 当選 1 2 3,108 公式ホームページ
前原 茂 (まえはら しげる) 当選 1 3 2,950 公式ホームページ
今城 雅子 (いましろ まさこ) 当選 1 8 2,543 公式ホームページ

定数4減の中、公明党現職の安田篤(60)、新人の今城雅子(52)、前原茂(49)、矢田貝香織(47)の4氏が激戦を突破し、現有議席を守った。

公明の得票数は前回より875票増の1万1762票で、過去最高を記録した。

定数26に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民1、民主1、共産1、無所属19(前回=定数30=公明4、自民1、民主2、共産3、無所属20)。

当日有権者数は11万8723人。投票率は51・99%。

プロフィール

安田 篤
(やすだ あつし/60歳)

党県副代表。市議4期。修成建設専門学校卒。60歳。

安田 篤

放課後に児童を預かる「なかよし学級」の開設や時間延長、鳥取大学病院への救命救急センター設置など実績は数多い。市役所への配置を実現したフロアマネージャー(総合受付案内)は市民から好評。ムダを排した効率的な行政システム確立、持続可能な循環型社会の推進をめざす。

矢田貝 香織
(やたがい かおり/47歳)

党県福祉対策局次長。県立鳥取看護専門学校卒。47歳。

矢田貝 香織

看護師、介護福祉士としてデイサービス施設に勤務。認知症の予防、外見から分かりづらい内部障がいの人への配慮が必要と実感する。地域ではPTA活動に精力的に取り組み、信頼を得てきた。障がい者、高齢者とその家族が安心できる街、子育て世帯や働く女性への支援などを掲げ、市政に挑む。

前原 茂
(まえはら しげる/49歳)

党県農林水産局次長。創価大学卒。49歳。

前原 茂

鳥取西部農協職員として22年間勤務。白ねぎ選果場長などを経て、2010年に直売所「ふれあい村アスパル」店長に就任。イベント開催や海外ツアー客の受け入れなどを展開し、3年間で2億円の増収を実現した。農業の活性化と6次産業化、地域の資源を生かした観光振興に意欲。

今城 雅子
(いましろ まさこ/52歳)

党県経済産業局次長。県立米子西高校卒。52歳。

今城 雅子

就職後、非正規雇用での勤務やリストラを経験。安定雇用の大切さを痛感する。建設業に従事し、1級土木施工管理技士、2級管工事施工管理技士としても活躍してきた。反戦出版の編集に携わった経験から、平和教育に強い思いを持つ。地元企業の振興と経営支援、災害に強い街づくりに挑戦。