東京都立川市議選(定数28)

2014年6月15日(日)告示
2014年6月22日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
福島 正美 (ふくしま まさみ) 当選 3 6 2,218 公式ホームページ
門倉 正子 (かどくら まさこ) 当選 1 7 2,194 公式ホームページ
瀬 順弘 (せ のぶひろ) 当選 1 8 2,152 公式ホームページ
山本 美智代 (やまもと みちよ) 当選 2 11 2,059 公式ホームページ
高口 靖彦 (たかぐち やすひこ) 当選 3 13 1,974 公式ホームページ
大沢 純一 (おおさわ じゅんいち) 当選 1 14 1,922 公式ホームページ
伊藤 幸秀 (いとう ゆきひで) 当選 5 17 1,768 公式ホームページ

公明党現職の伊藤幸秀(53)、福島正美(54)、高口靖彦(49)、山本美智代(56)、新人の門倉正子(53)、大澤純一(42)、瀬順弘(41)の7氏が、大激戦を勝ち抜き、全員当選を果たした。

投票率が下がる中、前回を上回る得票率を獲得し、自民と共に第1党となった。

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明7、自民7、民主4、共産5、生活者ネット2、無所属3(前回=公明7、自民5、民主6、共産4、生活者ネット1、諸派1、無所属4)。

当日有権者数は14万2166人。投票率は41・67%。

プロフィール

福島 正美
(ふくしま まさみ/54歳)

党総支部商工業活性化対策部長。市議2期。創価大学卒。54歳。

福島 正美

「誇りを持てるまち・立川」のために日々奔走。子ども未来センターの開設に尽力するほか、定期利用保育や休日保育を実現。防災ハンドブックの作製、全戸配布を推進。“立川”のイメージアップ戦略や介護予防の拠点整備、応急給水・消火用スタンドパイプの配備をめざす。

門倉 正子
(かどくら まさこ/53歳)

党総支部市民運動副部長。白梅学園短期大学卒。53歳。

門倉 正子

誠実で優しく、周囲からの信頼も厚い。保育士として23年間働いた経験と主婦の目線を生かした子育て支援、働く女性のための環境整備、介護予防の充実に意欲を燃やす。「一人を大切に」をモットーに、市民の一番近くで声を聞き、市政に届け、住みよいまち・立川を築くと、市政に初挑戦する。

瀬 順弘
(せ のぶひろ/41歳)

党総支部文化芸術推進部長。大阪産業大学大学院工学研究科修了。41歳。

瀬 順弘

誠実で明るく、若さあふれる行動派。立川市民会館に11年間勤務し、市内各所で年間150本以上の公演や文化イベントを担当。小学校へのプロ演奏家派遣事業にも尽力。「暮らしやすいまち・立川」をめざし、くるりんバスの路線拡充や柴崎学習館跡地の有効活用に取り組む。

山本 美智代
(やまもと みちよ/56歳)

党総支部子育て対策推進部長。市議1期。都立第五商業高校卒。56歳。

山本 美智代

「誰よりも身近な相談役」がモットー。防災行政無線の内容を確認できる電話応答サービスの導入、中学校の部活動を支援する楽器リース制の推進のほか、地域実績は多彩。三世代交流サロンの開設、学童保育の待機児童解消など、主婦の目線を生かした政策実現に力を尽くす。

高口 靖彦
(たかぐち やすひこ/49歳)

党総支部政策部長。市議2期。創価大学卒。49歳。

高口 靖彦

困ったときに頼れる男。行動力と実行力が光る。防災情報などを発信する見守りメール、モノレール泉体育館駅の駐輪場の整備、国立音大前の踏切交差点の信号機設置を推進。子どもの夜間診療室開設にも尽力した。くるりんバスの広域化、住民票などのコンビニ発行、防災アプリの開発に意欲。

大沢 純一
(おおさわ じゅんいち/42歳)

党総支部青年部長。創価大学卒。42歳。

大沢 純一

衆院議員秘書として9年間、一人の声を大切にしながら、さまざまな相談事に対応してきた実力派。子育て世代の視点を生かし、安全・安心で三世代が一緒に暮らせるまちを築くと意気込む。応急給水ユニットの配備など防災力向上に取り組み、教育環境の充実、雨水対策の強化に全力を挙げる。

伊藤 幸秀
(いとう ゆきひで/53歳)

市議会党幹事長。市議4期。創価大学卒。53歳。

伊藤 幸秀

「一人に寄り添う」市民相談は5200件を超える。小児初期救急平日準夜間診療室の共済立川病院内への開設を実現。立川駅北口の駐輪場を整備し、2時間無料や3時間無料の導入を推進。くるりんバス(市民バス)の広域化や特別支援教育の充実に意欲を燃やし、立川の輝く未来に全力で走る。