東京都立川市議選(定数28)

2014年6月15日(日)告示
2014年6月22日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
福島 正美 (ふくしま まさみ) 当選 3 6 2,218 公式ホームページ
かどくら 正子 (かどくら まさこ) 当選 1 7 2,194 公式ホームページ
瀬 のぶひろ (せ のぶひろ) 当選 1 8 2,152 公式ホームページ
山本 みちよ (やまもと みちよ) 当選 2 11 2,059 公式ホームページ
高口 やすひこ (たかぐち やすひこ) 当選 3 13 1,974 公式ホームページ
大沢 じゅんいち (おおさわ じゅんいち) 当選 1 14 1,922 公式ホームページ
伊藤 ゆきひで (いとう ゆきひで) 当選 5 17 1,768 公式ホームページ

公明党現職の伊藤幸秀(53)、福島正美(54)、高口靖彦(49)、山本美智代(56)、新人の門倉正子(53)、大澤純一(42)、瀬順弘(41)の7氏が、大激戦を勝ち抜き、全員当選を果たした。

投票率が下がる中、前回を上回る得票率を獲得し、自民と共に第1党となった。

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明7、自民7、民主4、共産5、生活者ネット2、無所属3(前回=公明7、自民5、民主6、共産4、生活者ネット1、諸派1、無所属4)。

当日有権者数は14万2166人。投票率は41・67%。

プロフィール

福島 正美
(ふくしま まさみ/54歳)

福島 正美

住み良さナンバーワンのまちをめざし、現場を走る。羽衣町1丁目の交差点に右折信号機の設置を実現。立川駅南口の公衆トイレの全面改装や客引き・客待ち防止条例の制定、小児初期救急診療を平日全ての準夜間に拡充することに尽力。自治会応援条例の制定や文化芸術活動の場の拡大に意欲を燃やす。 【略歴】市議会党幹事長。市議3期。創価大学卒。防災士。58歳。

かどくら 正子
(かどくら まさこ/53歳)

かどくら 正子

市民の笑顔と安心のため、動き、働く。西砂地域が2度の豪雨で床上浸水に遭った一昨年の夏、真っ先に現場へ急行。対策を市に強く訴え、排水溝などの早期整備を実現した。 避難所にエコノミークラス症候群の予防チラシを配備したほか、認知症の簡易チェックサイトの開設も推進。 【略歴】党総支部市民運動部長。市議1期。白梅学園短期大学卒。57歳。

瀬 のぶひろ
(せ のぶひろ/41歳)

瀬 のぶひろ

1期4年で受けた市民相談は1300件、頼れる「街づくりのエース」。小中学校のプールへの温水シャワー設置や、床が固い避難所に畳の提供を受ける防災協定の締結を推進。ファーレ立川アートの案内アプリを導入したほか、子どもたちが一流の芸術に触れる機会の拡充に尽力する。 【略歴】党総支部文化芸術推進部長。市議1期。大阪産業大学大学院修了。45歳。

山本 みちよ
(やまもと みちよ/56歳)

山本 みちよ

「誰よりも身近な相談役」が信条。命を守る安全対策に全力を注ぎ、都道立川通りの横断歩道に信号機を設置。玉川上水緑道の雨水対策も推進した。 食品ロスの削減、空き家対策条例制定など実績は多彩。多世代交流サロンの開設や平和教育、がん教育の充実に情熱を燃やす。 【略歴】市議会党副幹事長。市議2期。都立第五商業高校卒。60歳。

高口 やすひこ
(たかぐち やすひこ/49歳)

高口 やすひこ

現場に分け入り、市民の声の一つ一つをカタチに変えてきた。 教育現場でのICT(情報通信技術)の活用をいち早く提案し、全市立小中学校へのタブレットPCの導入を実現。国立音大前の踏切交差点への信号機設置や立川市動画チャンネルの配信を推進した。地域包括ケアシステムの構築を決意。 【略歴】党総支部政策部長。市議3期。創価大学卒。53歳。

大沢 じゅんいち
(おおさわ じゅんいち/42歳)

大沢 じゅんいち

誠実さと若さみなぎる行動派。健康を守る口腔ケアを重要視し、40歳からの市成人歯科健康診査の対象年齢を20歳以上に拡大した。 市営住宅の応募がしやすいよう、連帯保証人の要件を緩和する規則改正を実現。砂川地域の街路灯のLED化も促進した。現在は、自殺対策に精力的に取り組んでいる。 【略歴】党総支部青年部長。市議1期。創価大学卒。46歳。

伊藤 ゆきひで
(いとう ゆきひで/53歳)

伊藤 ゆきひで

6500件の市民相談に寄り添い、多彩な実績を築く。夜間の子どもの急な発熱などの症状に対応するため、立川病院の小児初期救急の開設に尽力。立川駅前に3時間無料の駐輪場を整備したほか、新生児の聴覚検診事業や小学校低学年の全児童に防犯ベルの貸与を実現。介護・高齢者支援にも力を注ぐ。 【略歴】党総支部長。市議会議長。市議5期。創価大学卒。57歳。