兵庫県加古川市議選(定数31)

2014年6月15日(日)告示
2014年6月22日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
白石 信一 (しらいし しんいち) 当選 1 6 3,908 公式ホームページ
相良 大悟 (さがら だいご) 当選 4 8 3,789 公式ホームページ
桃井 祥子 (ももい しょうこ) 当選 1 10 3,692 公式ホームページ
大西 健一 (おおにし けんいち) 当選 6 12 3,657 公式ホームページ
小林 直樹 (こばやし なおき) 当選 2 15 3,496 公式ホームページ
小澤 敬子 (おざわ けいこ) 当選 1 19 3,217 公式ホームページ

公明党現職の大西健一(58)、相良大悟(52)、小林直樹(51)、新人の小澤敬子(55)、白石信一(55)、桃井祥子(52)の6氏が当選を果たし、現有6議席を死守した。

公明は得票数を前回よりも791票増やした。

定数31に対する当選者の党派別内訳は公明6、共産3、諸派1、無所属21(前回=公明6、民主2、共産3、諸派1、無所属19)。

当日有権者数は21万4010人。投票率は52・48%。

プロフィール

白石 信一
(しらいし しんいち/55歳)

党副支部長。福岡県立浮羽工業高校卒。55歳。

白石 信一

真面目で温厚な人柄。中学時代に新聞配達で家計を助けた苦労人。37年間、大手鉄鋼メーカーに勤務。社内で人材育成にも尽力してきた。高齢者の“生活の足”確保に向け、コミュニティバスの路線拡充や通学路の安全対策の強化を掲げ、市議選に挑む。

相良 大悟
(さがら だいご/52歳)

党支部長。市議3期。私立育英高校卒。52歳。

相良 大悟

政策実現力は折り紙付き。県内で初めて市役所にオストメイト(人工肛門などの装着者)対応トイレを設置したのは、この人。インターネットを使ったPR施策も推進。市内の空き家情報を載せた「空き家バンク」の創設、「24時間健康相談窓口」の開設に意欲。

桃井 祥子
(ももい しょうこ/52歳)

党副支部長。県立明石北高校卒。52歳。

桃井 祥子

気さくで明るい人。町内会役員を10年務め、公会堂建設に尽力するなど、地域からの信頼も厚い。「女性の視点で市政の発展を」と意欲満々。子育てと両親の介護を同時期に行った経験を生かし、福祉施策の充実をめざす。扇風機設置など教育環境の改善や安心の街づくりも誓う。

大西 健一
(おおにし けんいち/58歳)

党県副幹事長。市議会議長。市議5期。岡山理科大学卒。58歳。

大西 健一

議長として市議会の“要役”を担う。コミュニティバスの導入や山陽電鉄・別府駅のバリアフリー化、全公立幼稚園の2年保育の実施など多くの施策を推進してきた。中学校給食の早期実施や、子ども医療費の通院費の無料化拡充をめざす。

小林 直樹
(こばやし なおき/52歳)

党副支部長。市議1期。創価大学卒。52歳。

小林 直樹

「現場第一」がモットー。使い捨てライター回収ボックスの設置や、浸水被害を防ぐ法華山谷川のしゅんせつ工事などを推進してきた。小学6年生までの学童保育の延長と公共交通網の拡充、グラウンドやため池を活用した治水対策に全力で取り組む。

小澤 敬子
(おざわ けいこ/55歳)

党副支部長。県立明石南高校卒。55歳。

小澤 敬子

中学時代から日本舞踊を習い、新しい会派を結成するなど文化の発展に貢献。行動力も抜群で、舞踊を通し被災者と交流を重ねてきた。交流人口の増加による地域の活性化へ、市民会館を活用した芸術講演の開催や文化教育の充実をめざす。幼児教育の無償化にも全力。