宮城県石巻市議選(定数30)

2014年5月18日(日)告示
2014年5月25日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
伊藤 啓二 (いとう けいじ) 当選 9 1 3,106 -
渡辺 たくろう (わたなべ たくろう) 当選 6 2 2,713 -
桜田 せい子 (さくらだ せいこ) 当選 5 5 2,510 -

定数4減の中、公明党現職の伊藤啓二(65)、渡辺拓朗(53)、桜田誠子(52)の3氏が激戦を勝ち抜き、いずれも上位当選を果たした。

公明の合計得票数は前回より414票増の8329票。東日本大震災の影響で有権者が約1万人減り、投票率が8・72%下がる中、過去最高を記録した。

定数30に対する当選者の党派別内訳は、公明3、社民1、共産3、無所属23(前回=定数34=公明3、民主1、共産3、社民1、無所属26)。

当日有権者数は12万3067人。投票率は52・82%。

プロフィール

伊藤 啓二
(いとう けいじ/65歳)

党総支部長。市議8期。県石巻工業高校卒。65歳。

伊藤 啓二

東日本大震災の被災者に寄り添い、支援策を推進。市内の全仮設住宅団地で3度、訪問調査を実施し、現場の声を国政まで届けてきた。災害弔慰金の支給拡大や復興住宅への入居補助、防災ラジオの普及など実績は数多い。抜群の実現力で石巻の復興加速をリードする。

渡辺 たくろう
(わたなべ たくろう/53歳)

渡辺 たくろう

東日本大震災で被災した石巻の復興加速に情熱を燃やし続けてきた。公明党の国会議員と連携して大規模な農業施設を誘致し、雇用と産業の創出に尽力。障がい児・者の歯科診療、保育士や介護士に対する奨学金の返済支援も推進した。街の活性化をめざし定住促進に取り組む。 【略歴】党支部長。市議会監査委員。市議6期。県石巻工業高校卒。57歳。

桜田 せい子
(さくらだ せいこ/52歳)

桜田 せい子

女性の視点で練り上げた多彩な政策や実績が光る。医療用ウィッグや補装具の購入に助成。「ヘルプカード」の配布も実現した。第2子以降の小学校入学時に3万円支給、仮設住宅からの引っ越しに10万円補助など制度拡充を力強く進めた。健康増進事業や子育て支援策に力を注ぐ。 【略歴】党支部長。市議5期。石巻市立女子商業高校卒。防災士。56歳。