大阪府泉佐野市議選(定数20)

2014年5月11日(日)告示
2014年5月18日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
土原 こずえ (つちはら こずえ) 当選 2 2 2,308 公式ホームページ
岡田 しょうじ (おかだ しょうじ) 当選 4 5 1,993 公式ホームページ
おおば 聖一 (おおば しょういち) 当選 1 7 1,971 公式ホームページ
つじなか 隆 (つじなか たかし) 当選 3 11 1,782 公式ホームページ

公明党現職の岡田昌司(56)、辻中隆(51)、土原こずえ(56)、新人の大庭聖一(46)の4氏が当選を果たし、現有4議席を死守した。

定数20に対する当選者の党派別内訳は、公明4、自民2、維新2、共産2、無所属10(前回=公明4、自民1、民主2、共産2、無所属11)。

当日有権者数は8万14人。投票率は45・21%。

プロフィール

土原 こずえ
(つちはら こずえ/56歳)

土原 こずえ

「一人の声を大切に」をモットーに、2300件の市民相談に応じてきた。学童保育所の時間延長で働く母親を支援。犬猫の不妊・去勢手術費の助成、男女共同参画まちづくり条例制定や、こども議会開催にも尽力した。 公立小中学校のトイレ洋式化や「日根荘遺跡」の日本遺産認定へ意欲を燃やす。 【略歴】党副支部長。市議2期。岸和田市立産業高校卒。60歳。

岡田 しょうじ
(おかだ しょうじ/56歳)

岡田 しょうじ

即行動の人。誠実な人柄も魅力。南海・羽倉崎駅舎のバリアフリー化や防災行政無線の拡充を推進。振り込め詐欺対策として、迷惑電話防止装置の無料貸与も実現した。 防災公園に通じる大正大橋の耐震化や地域包括ケアシステムの充実、高齢者・障がい者の就労支援に全力。 【略歴】党泉州南支部連合会委員長。市議4期。香川県高松工業高等専門学校卒。60歳。

おおば 聖一
(おおば しょういち/46歳)

おおば 聖一

真面目で親しみやすい人柄。台風被害を教訓に防災士の資格も取得した。浸水対策の一環として側溝の清掃を徹底。市独自のポイントカード「さのぽ」を使ったプレミアム商品券の導入も実現した。 インバウンド(訪日外国人)を生かした経済活性化と、防犯灯やAEDの屋外設置など安全・安心の街へ総力。 【略歴】党副支部長。市議1期。高知県立窪川高校卒。50歳。

つじなか 隆
(つじなか たかし/51歳)

つじなか 隆

気さくな性格。現場第一に徹する人。高齢者の紙おむつ代助成事業の対象を要介護2以上に拡大。救命活動協力者に手渡す「感謝カード」を近隣市町含め導入。観光促進に向け、マンホールカード作成も提案し、実現した。 JR東佐野駅のバリアフリー化や中小企業の支援、教職員の働き方改革に挑む。 【略歴】党府遊説局次長。市議3期。府立堺西高校卒。55歳。