兵庫県たつの市議選(定数22)

2014年4月20日(日)告示
2014年4月27日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
名村 嘉洋 (なむら よしひろ) 当選 2 5 1,757 公式ホームページ
畑山 剛一 (はたやま たかかず) 当選 2 11 1,593 公式ホームページ

定数2減の中、公明党現職の畑山剛一氏(50)が1593票(11位)、名村嘉洋氏(48)が1757票(5位)を獲得し、当選。現有2議席を死守した。共産は次点となり唯一の議席を失った。

定数22に対する当選者の党派別内訳は、公明2、無所属20(前回=定数24=公明2、共産1、無所属21)。

当日有権者数は6万3785人。投票率は63・34%。

プロフィール

名村 嘉洋
(なむら よしひろ/48歳)

党副支部長。市議1期。市川高校特進クラス卒。48歳。

名村 嘉洋

真面目で誠実な人柄が魅力。保護者の声を受け、全幼稚園へのエアコンの設置を実現。議会の在り方を定めた基本条例の制定を先導した。安全な武道教育をめざし、老朽化した武道場の補修工事の実施。企業の誘致を図り、地域の活性化に全力を傾ける。

畑山 剛一
(はたやま たかかず/50歳)

党支部長。市議1期。県立姫路高等技術専門学院(現・県立ものづくり大学校)卒。50歳。

畑山 剛一

「どんなことにも全力で挑戦」がモットー。中学3年生までの入・通院にかかる医療費の完全無料化や全中学校のトイレの洋式化を推進した。介護職員の報酬の改善や、給付型奨学金の創設に意欲を燃やす。