和歌山県海南市議選(定数22)

2014年4月20日(日)告示
2014年4月27日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
なかや 悦生 (なかや えつお) 当選 4 3 1,448 公式ホームページ
森下 たかし (もりした たかし) 当選 1 10 1,247 公式ホームページ
黒木 良夫 (くろき よしお) 当選 2 17 1,043 公式ホームページ

公明党現職の中家悦生(52)、黒木良夫(63)、新人の森下貴史(48)の3氏が激戦を勝ち抜いて全員当選を果たし、現有議席を守った。民主は候補を立てなかった。

定数22に対する当選者の党派別内訳は、公明3、共産4、無所属15(前回=公明3、民主1、共産4、無所属14)。

当日有権者数は4万5578人。投票率は60・27%。

プロフィール

なかや 悦生
(なかや えつお/52歳)

なかや 悦生

政策を練り上げ、議会で提言。鋭い視点と確かな実現力が光る。 若者の移住や雇用の創出を促す「地域おこし協力隊」の導入に尽力。市いじめ防止基本方針の策定、海南医療センター駐輪場の安全対策も実らせた。 地場産業や中小企業の活性化、子育て支援策の拡充に取り組む。 【略歴】党県幹事、同県民運動局長。市議4期。防災士。県立大成高校卒。56歳。

森下 たかし
(もりした たかし/48歳)

森下 たかし

「市民第一」がモットー。住民相談への誠実な対応に定評がある。 防犯カメラの拡充を訴え、JR3駅への設置が実現。全幼稚園、保育所、小学校への設置も3カ年計画で進行中。津波避難所の案内標識改修も推進した。 若者の就労・定住支援、防災対策の強化、高齢者福祉に挑む。 【略歴】党県機関紙推進副委員長。市議1期。防災士。大阪経済大学中退。52歳。

黒木 良夫
(くろき よしお/63歳)

党県団体渉外局次長。市議1期。県立海南高校卒。63歳。

黒木 良夫

「心ふれあう安全な街に」と日々奔走。介護保険の住宅改修費の受領委任払いを導入。各小・中学校の避難所運営マニュアルの作成も進む。安心して暮らせる福祉施策、子育て支援の拡充に今後も全力。若者の雇用の確保、道路や公園の整備などに取り組む。