栃木県栃木市議選(栃木選挙区)(定数30)

2014年4月13日(日)告示
2014年4月20日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
入野 登志子 (いりの としこ) 当選 4 7 2,600 公式ホームページ
古澤 ちい子 (ふるさわ ちいこ) 当選 1 14 2,294 公式ホームページ
小久保 かおる (こくぼ かおる) 当選 1 18 2,047 公式ホームページ

栃木県栃木市と旧岩舟町との合併後、初めて行われた栃木市議選栃木選挙区(定数30)で、公明党現職の入野登志子(58)、新人の古沢ちい子(52)、小久保かおる(54)の3氏が当選し、実質定数4減の中、1議席増を成し遂げた。共産は2議席をめざしたが、新人1人が落選した。

定数30に対する当選者の党派別内訳は、公明3、自民8、民主1、共産1、無所属17。

当日有権者数は11万8581人。投票率は65・00%。

プロフィール

入野 登志子
(いりの としこ/58歳)

党副支部長。市議3期。国学院大学栃木高校卒。58歳。

入野 登志子

一人の声に耳を傾け、市民目線で政策を立案してきた。外出先でおむつ替えや授乳ができる「赤ちゃんの駅」の設置、デマンドタクシー「蔵タク」の導入など、実績は多彩。子どもへのインフルエンザワクチン接種費用の助成拡充などに意欲を燃やす。

古澤 ちい子
(ふるさわ ちいこ/52歳)

党副支部長。白鷗女子短期大学卒。52歳。

古澤 ちい子

どこまでも相手に寄り添う姿勢が持ち味。両親の在宅介護を家族と共に7年間続けてきた経験から、「地域医療の充実に取り組みたい」と市政を志した。がん検診の受診率向上、地域ぐるみで高齢者を支える「はつらつセンター事業」の推進に挑戦。

小久保 かおる
(こくぼ かおる/54歳)

党副支部長。国学院大学栃木高校卒。54歳。

小久保 かおる

困った人がいると放っておけない面倒見のいい性格。情に厚く、とことん相手の立場に立って行動する姿に、周囲からは多くの信頼が集まる。病児・病後児保育の充実など、働く女性の子育て支援の推進、若者サポートステーションの導入を決意。