宮城県大崎市議選(定数30)

2014年4月13日(日)告示
2014年4月20日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
山田 和明 (やまだ かずあき) 当選 7 2 2,992 -
横山 悦子 (よこやま えつこ) 当選 4 4 2,643 公式ホームページ

定数4減の中、公明党現職の山田和明氏(63)が2992票(2位)、横山悦子さん(60)が2643票(4位)をそれぞれ獲得し、当選を果たした。公明の得票は前回より289票増え、過去最高を記録した。

定数30に対する当選者の党派別内訳は、公明2、共産4、社民1、無所属23(前回=定数34=公明2、共産4、社民2、無所属26)。

当日有権者数は10万9385人。投票率は54・87%。

プロフィール

山田 和明
(やまだ かずあき/63歳)

党総支部長。町議4期、市議2期。市監査委員。63歳。

山田 和明

実直な人柄と「相談即行動」の迅速な対応に信頼が集まる。震災で全壊した集会所の早期再建や、各総合支所への放射線量計の導入を実現。安全・安心な街づくりへ、雨水・排水対策の強化や、空き家対策条例の制定などに意欲を燃やす。

横山 悦子
(よこやま えつこ/60歳)

党副総支部長。市議3期。宮城県涌谷高校卒。60歳。

横山 悦子

女性の目線で市民生活向上へ奮闘。病後児保育の拡充や住民票のコンビニ交付、がん早期発見へ市民病院へのPET導入など実績は多彩。震災の教訓を訴え、防災倉庫を60施設に導入させた。子ども医療費無料化の拡大や鳴子温泉郷の振興などに全力。