大阪府河内長野市議選(定数18)

2014年4月13日(日)告示
2014年4月20日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
大原 いちろう (おおはら いちろう) 当選 4 4 2,368 公式ホームページ
中村 たかこ (なかむら たかこ) 当選 1 6 2,179 公式ホームページ
浦山 のぶゆき (うらやま のぶゆき) 当選 1 10 2,020 公式ホームページ
三島 かつのり (みしま かつのり) 当選 2 14 1,897 公式ホームページ

公明党現職の大原一郎(57)、三島克則(44)、新人の中村貴子(59)、浦山宣之(46)の4氏が激戦を勝ち抜いて全員当選を果たし、現有議席を守った。民主は公認候補を立てなかった。

定数18に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民3、共産5、無所属6(前回=公明4、自民3、民主1、共産5、無所属5)。

当日有権者数は9万1923人。投票率は42・55%。

プロフィール

大原 いちろう
(おおはら いちろう/57歳)

大原 いちろう

「いちばん近くで真剣勝負」が信条。生活現場での誠実、迅速な対応に信頼は厚い。 インターネットを活用した交流授業やタブレットの導入など、教育環境を充実。太陽光発電による売電事業、孤独死を防ぐ安否確認も力強く推進した。 障がい者が農作業の担い手となる「農福連携」に取り組む。 【略歴】党支部連合会委員長。市議4期。創価大学卒。61歳。

中村 たかこ
(なかむら たかこ/59歳)

中村 たかこ

市議会で唯一の女性議員。“母の声”を確実に市政へ届け、次々とカタチにしてきた。 中学校卒業までの医療費助成を実現。多胎児妊娠の妊婦健診については通常の14回無料から19回無料へと拡大。子育て支援策を大きく前進させた。 高齢者支援、手話言語条例の制定など障がい者施策充実に挑む。 【略歴】党副支部長。市議1期。府立羽曳野高校卒。63歳。

浦山 のぶゆき
(うらやま のぶゆき/46歳)

浦山 のぶゆき

25年の看護師経験を経て市議に。「健康日本一の街」へ、先頭に立って奮闘を重ねる。 駅や観光施設などへのAED設置を促進。救急隊員や救急車の増加、ピロリ菌検査を含む胃がんリスク検診の導入も実らせた。 企業や学校の誘致など若者を呼び込む施策、防災に力を注ぐ。 【略歴】党支部長。市議1期。国立大阪南病院附属看護学校卒。50歳。

三島 かつのり
(みしま かつのり/44歳)

三島 かつのり

地域を日々駆け回る行動派。3000件の市民相談を基に、安心の街づくりを進めた。 放課後児童会の対象学年拡大と時間延長、介護マークの導入に尽力。小中学校のトイレの洋式化、普通教室への空調の設置にも熱心に取り組んだ。 移住・定住による地域活性化、里山保全などに意欲を燃やす。 【略歴】党副支部長。市議2期。府立盾津高校卒。48歳。