埼玉県春日部市議選(定数32)

2014年4月13日(日)告示
2014年4月20日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
あらき ひろみ (あらき ひろみ) 当選 2 3 3,420 公式ホームページ
くりばら 信司 (くりばら しんじ) 当選 5 4 3,129 公式ホームページ
鈴木 かずとし (すずき かずとし) 当選 1 5 3,108 公式ホームページ
中川 あきら (なかがわ あきら) 当選 5 6 2,959 公式ホームページ
たけ みきや (たけ みきや) 当選 4 8 2,792 公式ホームページ
木村 けい一 (きむら けいいち) 当選 1 13 2,251 公式ホームページ

公明党現職の中川朗(58)、栗原信司(55)、武幹也(60)、荒木洋美(53)、新人の鈴木一利(48)、木村圭一(40)の6氏が、党員、支持者の奮闘で混戦を勝ち抜き、全員当選を果たした。

公明党の得票率は過去最高の23・17%を記録した。

定数32に対する当選者の党派別内訳は公明6、民主1、共産6、社民1、無所属18(前回と同じ)。

当日有権者数は19万3949人。投票率39・88%。

プロフィール

あらき ひろみ
(あらき ひろみ/53歳)

あらき ひろみ

2期8年で市民相談は2000件を超える。子どもの予防接種情報を提供するアプリの導入や、全小学1年生に本を贈呈する「セカンドブック」事業を推進。認知症ガイドブックの発行にも尽力した。出産・子育て施策の充実や、防災士の資格を生かして地域の防災強化に取り組む。 【略歴】市議会教育環境委員長。市議2期。都立武蔵村山東高校卒。57歳。

くりばら 信司
(くりばら しんじ/55歳)

くりばら 信司

“街の御用聞き”として「一人の声」を丁寧に聞き、政策に反映させてきた実力派。コンビニでの各種証明書の発行や、災害時のエリアメール導入を推進。公園の健康遊具設置、市民課の休日開庁、電子図書館サービスの導入にも尽力した。住宅街や道路の冠水対策の強化など、災害に強い街づくりに意欲。 【略歴】党県幹事。市議5期。大東文化大学卒。59歳。

鈴木 かずとし
(すずき かずとし/48歳)

鈴木 かずとし

真面目で誠実、行動力が抜群と周囲の評。迅速な対応で多くの声を市政に反映。市民の安全を守る青色回転灯防犯パトロール車にドライブレコーダーを設置したほか、市独自の出生届を導入した。防犯カメラの増設や障がい者就労支援、多子世帯の給食費無償化などに全力を尽くす。 【略歴】市議会厚生福祉副委員長。市議1期。県立庄和高校卒。52歳。

中川 あきら
(なかがわ あきら/58歳)

中川 あきら

持ち前の行動力と素早い対応に定評。災害時に備え、公共施設のエレベーター内に救急用品などを収納した防災キャビネットの設置を実現。接骨院や整骨院での子ども医療費の窓口払い廃止や、民間住宅を借り上げた市営住宅の整備にも尽力。環境対策や行政改革などに挑み、「住みよい春日部」をめざす。 【略歴】党副総支部長。市議5期。都立江北高校卒。62歳。

たけ みきや
(たけ みきや/60歳)

たけ みきや

副議長として議会をリード。責任感あふれる人柄に信頼も厚い。市内の街路灯を全てLED化させたほか、地震に備える家具転倒防止器具の購入費助成、小中学校の普通教室のエアコン設置など、実績は豊富。浸水・冠水対策や、企業誘致をはじめとする経済活性化、安全・安心の街づくりに全力を挙げる。 【略歴】党支部長。市議会副議長。市議4期。立正大学卒。64歳。

木村 けい一
(きむら けいいち/40歳)

木村 けい一

どんな人にも笑顔で対応する人柄が魅力。災害時に避難所となる公園へのかまどベンチ、マンホールトイレの整備に尽力。リース方式による街路灯LED化や、地域の浸水・冠水問題の解決に奔走。公共施設への無線LAN導入、東武線一ノ割駅のバスの乗り入れ実現などに力を注ぐ。 【略歴】党総支部副青年部長。市議1期。日本電子専門学校卒。44歳。