広島県府中市議選(定数20)

2014年4月13日(日)告示
2014年4月20日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
大本 千香子 (おおもと ちかこ) 当選 3 6 1,126 公式ホームページ
加島 広宣 (かしま ひろのぶ) 当選 1 18 845 公式ホームページ

定数2減の中、公明党現職の大本千香子さん(58)が1126票(6位)、新人の加島広宣氏(48)が845票(18位)で当選を果たし、現有2議席を確保した。共産は改選前2議席だったが、候補を1人に絞り1議席減となった。

定数20に対する当選者の党派別内訳は、公明2、共産1、社民2、無所属15(前回=定数22=公明2、共産2、社民2、新社会1、無所属15)。

当日有権者数は3万4768人。投票率は70・23%。

プロフィール

大本 千香子
(おおもと ちかこ/58歳)

党支部長。市議2期。創価大学卒。58歳。

大本 千香子

放課後児童クラブの利用時間拡大や施設内エアコンの整備、女性消防団の結成、救急救命キット導入、発達障がい児支援の拡充などを推進。女性の視点を生かし、災害に強い街づくり、女性が活躍できる環境づくり、地域医療の充実、中小企業支援策の拡充に全力で挑む。

加島 広宣
(かしま ひろのぶ/48歳)

党副支部長。創価大学卒。48歳。

加島 広宣

高校時代、甲子園に出場したスポーツマン。外国人技能実習生の受け入れや研修を行う職場で、徹して一人を大切にする誠実さを磨いた。子育て支援策や高齢者介護施策の充実、安全・安心の街づくり、上下町の白壁の町並みなど特色を生かした観光振興に意欲を燃やす。