長野県上田市議選(定数30)

2014年3月23日(日)告示
2014年3月30日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
池上 喜美子 (いけがみ きみこ) 当選 4 3 3,039 公式ホームページ
松尾 卓 (まつお たかし) 当選 1 4 2,780 公式ホームページ
半田 大介 (はんだ だいすけ) 当選 2 6 2,483 公式ホームページ
金沢 広美 (かなざわ ひろみ) 当選 1 12 2,236 公式ホームページ

定数1減の中、公明党現職の池上喜美子(56)、半田大介(49)、新人の金沢広美(58)、松尾卓(50)の4氏が当選し、現有議席を守った。

定数30に対する当選者の党派別内訳は公明4、共産4、民主1、無所属21(前回=定数31=公明4、共産4、民主2、無所属21)。当日有権者数は12万7560人。投票率は56・87%。

プロフィール

池上 喜美子
(いけがみ きみこ/56歳)

党県幹事。市議3期。国学院大学栃木短期大学卒。56歳。

池上 喜美子

困っている人に寄り添い行動。子ども専用電話相談「チャイルドラインうえだ」開設など、子どもや女性のための施策を充実させてきた。公約は、老後も地域で暮らせる医療・介護・生活支援サービスの提供、働きながら子育てできる環境づくりなど。

松尾 卓
(まつお たかし/50歳)

党副支部長。大阪府立長尾高校卒。50歳。

松尾 卓

何事も諦めずに取り組む情熱の人。森林組合で山から木を切り出す仕事などをしてきた。消防団では分団長も務めた。今後、子ども医療費の窓口無料化、保育園の一時預かりの拡充など子育て支援、農業の6次産業化による活性化などをめざす。

半田 大介
(はんだ だいすけ/49歳)

党副支部長。市議1期。青山学院大学卒。49歳。

半田 大介

市民相談に励み、困っている人のために働く。発達障がい児・者の個別支援ノート発行(新年度)、震災時の市役所業務継続計画を実現。ボランティアや政策研究にも熱心。今後、若者就労、子育て支援、障がい者が暮らしやすいまちづくりに取り組む。

金沢 広美
(かなざわ ひろみ/58歳)

党副支部長。上田東高校卒。58歳。

金沢 広美

菓子材料卸売会社に長年勤め、営業部長として新規顧客を開拓。培った行動力を生かし、市民の声に「即実行」で応える決意。めざすのは、2019年に日本で開かれるラグビーワールドカップの練習会場の菅平高原への誘致や、観光振興による市の活性化。