神奈川県逗子市議選(定数18)

2014年3月16日(日)告示
2014年3月23日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
たばた 智子 (たばた ともこ) 当選 1 7 1,335 公式ホームページ
田中 英一郎 (たなか えいいちろう) 当選 3 8 1,261 公式ホームページ

定数2減の中、公明党現職の田中英一郎氏(47)が1261票(8位)、新人の田幡智子さん(55)が1335票(7位)をそれぞれ獲得し、現有議席を確保した。

定数18に対する当選者の党派別内訳は、公明2、自民3、共産2、民主1、みんな1、維新1、ネット1、無所属7(前回=定数20=公明2、自民2、共産2、民主2、みんな2、ネット1、無所属9)。当日有権者数は4万9457人。投票率は49・10%。

プロフィール

たばた 智子
(たばた ともこ/55歳)

たばた 智子

抜群の行動力で、健康で明るい街づくりに奔走。特定健診に合わせ、胃がんの原因となるピロリ菌の有無などを調べる「胃がんリスク検診」の導入や災害用の貯留型マンホールトイレの設置などを実現してきた。 東逗子駅の活性化や逗子アーデンヒル住宅地へのミニバス路線の導入に意欲を燃やす。 【略歴】党副支部長。市議1期。横浜商業高校卒。59歳。

田中 英一郎
(たなか えいいちろう/47歳)

田中 英一郎

誠実な人柄に信頼が厚い。「市民の生活を守る」との決意で住民の声を市政に届けてきた。路上喫煙防止条例や生活習慣の改善を後押しする「未病センター」への保健師の配置などを実現。財政を理由とした小児医療費助成の削減も阻止した。 財政の健全化をめざし、持続可能な財政運営に全力を挙げる。 【略歴】党支部長。市議3期。逗子開成高校卒。51歳。