福岡県宮若市議選(定数18)

2014年3月9日(日)告示
2014年3月16日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
染矢 正次 (そめや しょうじ) 当選 1 1 1,030 公式ホームページ
安河 英幸 (やすかわ ひでゆき) 当選 2 2 958 公式ホームページ

定数2減の中、公明党現職の安河英幸氏(61)が958票(2位)、新人の染矢正次氏(52)が1030票(1位)をそれぞれ獲得し、当選を果たした。共産党が前回から1議席を減らした。

定数18に対する当選者の党派別内訳は公明2、共産1、無所属15(前回=定数20=公明2、共産2、民主1、無所属15)。当日有権者数2万4269人。投票率は66・66%。

プロフィール

染矢 正次
(そめや しょうじ/52歳)

党市委員。鞍手竜徳(旧鞍手商業)高校卒。52歳。

染矢 正次

誠実で周囲の信頼も厚く、長年公民館長を務めた。3年前から、障がい者の役に立とうと宮若手話の会「たけのこ」に所属し活動している。障がい者やお年寄りらの支援に強い関心を持ち、福祉施策の充実に意欲。2町合併後の新しい街づくりもめざす。

安河 英幸
(やすかわ ひでゆき/61歳)

党副支部長。市議1期。鞍手竜徳(旧鞍手農業)高校卒。61歳。

安河 英幸

4年間で約400件の市民相談を受理し、その解決に奔走。水路整備、市道拡幅、河川しゅんせつなど、1期目から数々の実績を残す。一昨年夏まで市農業委員を務めた。特産物振興のほか、教育環境の充実、災害に強い街づくりなどの課題に取り組む。