京都府南丹市議選(定数22)

2014年2月2日(日)告示
2014年2月9日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
木戸 德吉 (きど とくきち) 当選 2 8 875 公式ホームページ
林 茂 (はやし しげる) 当選 2 12 788 公式ホームページ

公明党現職の木戸徳吉氏(61)が875票(8位)、林茂氏(64)が788票(12位)をそれぞれ獲得し当選、現有2議席を死守した。民主は議席を失った。

定数22に対する当選者の党派別内訳は、公明2、共産3、無所属17(前回=公明2、共産3、民主1、無所属16)。

当日有権者数は2万7981人。投票率は68・46%。

プロフィール

木戸 德吉
(きど とくきち/61歳)

党副支部長。市議1期。府立朱雀高校卒。61歳。

木戸 德吉

「いつでも誠実に対応してくれる」とは周囲の評。中学校給食の導入、薪やペレットストーブ設置に対する補助金制度を実現した。地球温暖化対策の推進、観光資源を生かした地域経済の活性化、市内定住の促進、財政の健全化に取り組む。

林 茂
(はやし しげる/64歳)

党支部長。市議1期。石川県立羽咋工業高校卒。64歳。

林 茂

「現場第一主義」が信条。市内全ての幼稚園・保育園、小・中学校へのエアコン設置を推進するなど、教育環境の充実を訴えてきた。地域防災力を高め、災害に強いまちづくりに全力。企業誘致による雇用促進、子育て支援や高齢者福祉の充実をめざす。