東京都日野市議選(定数24)

2014年2月9日(日)告示
2014年2月16日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
馬場 賢司 (ばば けんじ) 当選 4 1 3,292 公式ホームページ
峯岸 弘行 (みねぎし ひろゆき) 当選 3 4 2,190 公式ホームページ
田原 茂 (たはら しげる) 当選 7 9 1,941 公式ホームページ
窪田 知子 (くぼた ともこ) 当選 3 10 1,837 公式ホームページ
大塚 智和 (おおつか ともかず) 当選 2 17 1,641 公式ホームページ

公明党現職の田原茂(59)、馬場賢司(48)、窪田知子(58)、峯岸弘行(53)、大塚智和(53)の5氏が党員、支持者の奮闘で激戦を勝ち抜き、全員当選を果たした。公明党の得票率は22・58%と過去最高を記録した。

定数24に対する当選者の内訳は公明5、自民4、民主2、共産5、生活者ネット1、無所属7(前回=公明5、自民3、民主3、共産5、社民1、生活者ネット1、無所属6)。当日有権者数は14万3684人。投票率は33・98%。

プロフィール

馬場 賢司
(ばば けんじ/48歳)

党総支部幹事長。市議3期。都立富士森高校卒。48歳。

馬場 賢司

「徹して生活現場を歩き、声を聞く」が信条。市民の森ふれあいホールの建設や高齢者肺炎球菌ワクチンの接種費用の助成などを推進。児童・生徒が抱える問題をサポートするスクールソーシャルワーカーの配置、ニュースポーツの振興などに力を注ぐ。

峯岸 弘行
(みねぎし ひろゆき/53歳)

市議会環境まちづくり委員長。市議2期。中央大学卒。53歳。

峯岸 弘行

「すぐ来る みねぎし」と行動力は抜群。高齢者ちょこっと困りごとサービスや、ふれあいサロンの設置を推進。防災エリアメールも導入。市内主要3駅周辺への防犯カメラの設置、小・中学校の非構造部材の耐震化など、防犯、防災対策に意欲。

田原 茂
(たはら しげる/59歳)

党総支部長。市議会前議長。市議6期。創価大学卒。59歳。

田原 茂

市議会議長などを務め、議会をリードする実力派。JR豊田駅にエレベーター、エスカレーターを設置。小・中学校にエアコンを導入。高齢社会に対応した交通網の整備、待機児童解消に向けた小規模保育などの充実、学童クラブの時間延長に取り組む。

窪田 知子
(くぼた ともこ/58歳)

市議会市民文教委員長。市議2期。成蹊大学卒。58歳。

窪田 知子

「一人の人を大切に」がモットー。市がん対策推進基本条例の制定、防災会議への女性委員登用や女性の視点での防災対策の充実に尽力。「健康」「危機管理」「教育・子育て」の三つのKを推進。さらに予防医療に取り組み、「健幸長寿のまち 日野」をめざす。

大塚 智和
(おおつか ともかず/53歳)

市議会企画総務副委員長。市議1期。国士舘大学卒。53歳。

大塚 智和

1100件超の市民相談に丁寧な対応で解決に奔走。応急給水ユニット(スタンドパイプ)の配備や災害時対応型自動販売機の導入を実現。斜面地の防災対策、食物アレルギーに対応した食糧備蓄品の計画的配置など、災害に負けない日野市へ全力を尽くす。