茨城県稲敷市議選(定数20)

2014年12月7日(日)告示
2014年12月14日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
浅野 信行 (あさの のぶゆき) 当選 5 2 1,401 公式ホームページ
松戸 千秋 (まつど ちあき) 当選 2 4 1,326 公式ホームページ
若松 宏幸 (わかまつ ひろゆき) 当選 1 7 1,128 公式ホームページ

プロフィール

浅野 信行
(あさの のぶゆき/58歳)

党総支部長。町議1期、市議3期。県立麻生高校卒。58歳。

浅野 信行

“市民と行政のパイプ役”として全力で現場を走り抜いてきた。市内全域の防犯灯のLED化や、市内の公共施設にAEDの設置を実現。また、自転車で通学する中学生が身に着ける「蛍光反射たすき」を配布するなど、豊富な実績が光る。

松戸 千秋
(まつど ちあき/53歳)

党副支部長。市議1期。東北歯科専門学校卒。53歳。

松戸 千秋

「笑顔の対話」をモットーに250件を超える市民相談に丁寧に対応。市内の全幼稚園、小・中学校にミストシャワーを設置。女性の視点で、こころの体温計や、救急医療情報キットの導入など、子育て・高齢者対策に走り抜いてきた。市民がより一層、安心して暮らせる街づくりへ全力を挙げる。

若松 宏幸
(わかまつ ひろゆき/60歳)

党副支部長。鹿児島大学卒。60歳。

若松 宏幸

「生活者にやさしい街づくりを」と出馬を決意。産業用タンクを製造、販売する企業に37年勤め、取締役として、会社経営に奮闘。脳梗塞の後遺症がある父親、認知症の母親と暮らす中で、高齢者や障がい者対策への思い入れが人一倍強い。子どもを産み育てやすい環境づくりなどの実現を誓い、市政に初挑戦する。