千葉県松戸市議選(定数44)

2014年11月9日(日)告示
2014年11月16日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
髙橋 伸之 (たかはし のぶゆき) 当選 2 8 3,316 公式ホームページ
鈴木 智明 (すずき ともあき) 当選 1 11 3,144 公式ホームページ
飯箸 公明 (いいはし きみあき) 当選 3 13 2,979 公式ホームページ
岩瀬 麻理 (いわせ まり) 当選 1 15 2,880 公式ホームページ
伊東 英一 (いとう えいいち) 当選 2 18 2,857 公式ホームページ
石川 龍之 (いしかわ たつゆき) 当選 4 20 2,810 公式ホームページ
諸角 由美 (もろずみ ゆみ) 当選 4 22 2,771 公式ホームページ
織原 正幸 (おりはら まさゆき) 当選 3 25 2,687 公式ホームページ
松尾 尚 (まつお ひさし) 当選 1 26 2,685 公式ホームページ
城所 正美 (きどころ まさみ) 当選 4 32 2,497 公式ホームページ

プロフィール

髙橋 伸之
(たかはし のぶゆき/43歳)

党総支部青年部長。市議1期。創価大学卒。43歳。

髙橋 伸之

人一倍の郷土愛が原動力。消防団員を務め、市民の命と財産を守るために働く。カーブミラーや減速を促す路面標示を整備し、道路の安全対策を推進。熱中症対策として、市内小・中学校の体育館に冷風機を設置した。市立病院を中心とした医療体制の確立や子育て支援の拡充で、安全・安心な街を創出する。

鈴木 智明
(すずき ともあき/36歳)

党総支部副青年部長。都立城東高校卒。36歳。

鈴木 智明

高校卒業後、多業種で経験を積み、語学留学の末、貿易関係の商社に勤務。素早い情報収集と対応で商談に臨み、新規海外事業の立ち上げなど、磨き抜かれた“人間力”を遺憾なく発揮した。苦労して就職を勝ち取った経験から、若者の再就職をサポートする体制の確立に意欲。若さと情熱で市政に体当たり!

飯箸 公明
(いいはし きみあき/49歳)

党総支部組織部長、同県民運動部長。 市議2期。 防災士。中央学院大学卒。49歳。

飯箸 公明

市庁舎敷地内に井戸を掘り、災害時の飲料水を確保する地下水活用システムを導入。平時は庁舎で活用し、年間約9割の水道代を削減。小・中学校の食物アレルギー対策強化とガイドライン作成を推進。救命救急講習の拡大と、コンビニへのAED設置で、救命率向上に全力を挙げる。

岩瀬 麻理
(いわせ まり/53歳)

党総支部副女性部長。防災士。創価大学卒。53歳。

岩瀬 麻理

「女性が輝き、安心して生活できる魅力ある街づくりをしたい」と、出馬を決意。病児・病後児保育の拡充で働くママを応援。「放課後KIDSルーム」「おやこDE広場」の充実など、子育て支援のさらなる強化。防災士の資格取得費用を助成する制度の創設で、家庭や地域、職場での防災意識の向上へ。

伊東 英一
(いとう えいいち/50歳)

党総支部広報宣伝部長。市議1期。東京電機大学二部卒。50歳。

伊東 英一

通学路にある交差点のスクランブル化や歩行者の安全対策に尽力するなど、地域に根差した実績が豊富。長年、東京都下水道局で働いてきた経験を生かし、専門家の観点から豪雨対策に力を注ぐ。待機児童の解消や障がい者支援、高齢者入所施設の確保と在宅介護の充実に挑む。

石川 龍之
(いしかわ たつゆき/55歳)

党副総支部長。市議3期。熊本商科(現・熊本学園)大学卒。54歳。

石川 龍之

鋭い質問と情熱で市政を動かす。子どもの文化芸術体験と健康づくりの増進へ、市営プール、博物館などの入場料を中学生まで無料化。市庁舎や市立病院の耐震補強(SRF工法)も実現した。命を守る政策に取り組み、災害時の帰宅困難者支援や犯罪のない街づくりをめざす。

諸角 由美
(もろずみ ゆみ/59歳)

党総支部庶務部長。市議3期。防災士。京華女子高校卒。59歳。

諸角 由美

介護支援ボランティア制度の導入に尽力。避難所運営ゲームなどを利用した訓練をする中で、地域ごとに「避難所運営マニュアル」を作成する事業を後押し。空き家を活用した高齢者の居場所づくり、女性防災リーダーの育成と登用による女性の視点を生かした地域防災力向上に挑む。

織原 正幸
(おりはら まさゆき/54歳)

党県政策局長。市監査委員。市議2期。創価大学卒。54歳。

織原 正幸

市議会きっての政策通。市立の全小・中学校で、民間の資金やノウハウを活用したPFI手法による普通教室の冷暖房化を促進。65歳以上の全年齢を対象にした肺炎球菌ワクチン接種費用の公費助成も実現した。地域包括ケアシステムの構築や「財政の見える化」を促す新地方公会計制度の導入に意欲を燃やす。

松尾 尚
(まつお ひさし/43歳)

党総支部副県民運動部長。防犯診断士。 私立足立 (現・足立学園) 高校卒。 43歳。

松尾 尚

父の会社で働き、不況による倒産の危機から経営を立て直した。逆境に鍛えられた“不屈の人”。座右の銘は「あきらめない勇気」。最前線で苦労したからこそ、中小企業支援にかける思いは人一倍強い。安全・安心の松戸市へ、防犯診断士としての知識を生かした防犯力強化に情熱。

城所 正美
(きどころ まさみ/57歳)

党総支部長代行。市議3期。防災士。相模工業(現・湘南工科)大学卒。57歳。

城所 正美

父親の育児参加を促す「わが子におくるパパ手帳」の配布を推進。市内全公園の遊具をチェックし、安全点検済み結果シールを貼る事業を提案し、実現した。民間と連携した災害時の情報収集体制の確立、デマンド交通の導入による全市的な交通システムの構築などに意欲を燃やす。