千葉県松戸市議選(定数44)

2014年11月9日(日)告示
2014年11月16日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
高橋 のぶゆき (たかはし のぶゆき) 当選 2 8 3,316 公式ホームページ
鈴木 ともあき (すずき ともあき) 当選 1 11 3,144 公式ホームページ
いいはし 公明 (いいはし きみあき) 当選 3 13 2,979 公式ホームページ
岩瀬 まり (いわせ まり) 当選 1 15 2,880 公式ホームページ
いとう 英一 (いとう えいいち) 当選 2 18 2,857 公式ホームページ
石川 龍之 (いしかわ たつゆき) 当選 4 20 2,810 公式ホームページ
もろずみ 由美 (もろずみ ゆみ) 当選 4 22 2,771 公式ホームページ
おりはら 正幸 (おりはら まさゆき) 当選 3 25 2,687 公式ホームページ
松尾 ひさし (まつお ひさし) 当選 1 26 2,685 公式ホームページ
きどころ 正美 (きどころ まさみ) 当選 4 32 2,497 公式ホームページ

プロフィール

高橋 のぶゆき
(たかはし のぶゆき/43歳)

高橋 のぶゆき

2期8年で市民相談2000件。小学校のPTA会長を務めた経験から通学路の安全対策を推進したほか、新京成線八柱駅を含む3駅へのエレベーター設置を実現。殺処分ゼロへ野良猫の不妊去勢手術費の補助制度も導入した。映画などのロケ地誘致や撮影支援を行う事業の実施、教育費負担の軽減に全力。 【略歴】党県青年局次長。市議2期。創価大学卒。47歳。

鈴木 ともあき
(すずき ともあき/36歳)

鈴木 ともあき

交番空白地域の犯罪抑止へ北総鉄道秋山駅ロータリーに警察官OBが駐在する防犯ボックスを設置。市主催の合同企業説明会の対象年齢の上限を44歳まで拡大したほか、水害対策として国分川下流部の拡幅などを実現した。若者が希望を持ち、高齢者が安心して暮らせる社会に全力。 【略歴】党総支部県民運動部長。市議1期。都立城東高校卒。40歳。

いいはし 公明
(いいはし きみあき/49歳)

いいはし 公明

24時間営業のコンビニなど市内約150カ所に自動体外式除細動器(AED)を設置。事故現場などで応急手当てをした人の心の負担を軽減する感謝カードの配布、危険なブロック塀撤去費の補助制度創設を実現した。子どもから高齢者まで安心して暮らせるまちづくりに情熱を燃やす。 【略歴】党県政策局次長。市議3期。防災士。中央学院大学卒。53歳。

岩瀬 まり
(いわせ まり/53歳)

岩瀬 まり

女性の視点を生かし、保育園に通う第3子の保育料無償化や幼稚園児対応の送迎保育ステーションの開設、乳がんの自己触診法チェックリストの配布に尽力。新坂川への転落防止柵の設置も実現した。自然災害に対応した防災力強化や子育て支援、女性の健康施策の充実に奔走する。 【略歴】党総支部遊説部長。市議1期。防災士。創価大学卒。57歳。

いとう 英一
(いとう えいいち/50歳)

いとう 英一

東京都下水道局で勤務した経験を生かし、浸水対策や下水道の不明水対策を強力に推進。江戸川河川敷グラウンドに洋式水洗トイレを設置したほか、新京成線松戸新田駅前の踏切の歩道部分も拡幅した。浸水対策の強化や障がい者支援の充実、まちのにぎわい創出に取り組む。 【略歴】党総支部組織部長。市議2期。東京電機大学二部卒。54歳。

石川 龍之
(いしかわ たつゆき/55歳)

党副総支部長。市議3期。熊本商科(現・熊本学園)大学卒。54歳。

石川 龍之

鋭い質問と情熱で市政を動かす。子どもの文化芸術体験と健康づくりの増進へ、市営プール、博物館などの入場料を中学生まで無料化。市庁舎や市立病院の耐震補強(SRF工法)も実現した。命を守る政策に取り組み、災害時の帰宅困難者支援や犯罪のない街づくりをめざす。

もろずみ 由美
(もろずみ ゆみ/59歳)

もろずみ 由美

健康寿命延伸に向けた健康マイレージ事業や災害時に生活用水を確保するための井戸登録制度を実現。ロタウイルス予防ワクチンの接種費の助成制度も創設した。生前の見守りや死後の手続きなどを請け負う公的な終活サポートの実施、地域防災力の向上、子どもの遊び場の拡充に挑む。 【略歴】党県庶務局次長。市議4期。防災士。京華女子高校卒。63歳。

おりはら 正幸
(おりはら まさゆき/54歳)

おりはら 正幸

民間のノウハウを活用したPFI方式を採用し、低コストで全市立小中学校の普通教室にエアコンを設置。災害時にビルなどの受水槽の水を活用できる要綱の制定や、乳児用のB型肝炎ワクチン予防接種費の助成制度創設にも尽力した。学校給食の公会計化や障がい者就労支援、介護制度充実に意欲を燃やす。 【略歴】党総支部長。市議3期。創価大学卒。58歳。

松尾 ひさし
(まつお ひさし/43歳)

松尾 ひさし

子育て世代のニーズに応え、市子育て情報サイトをスマートフォン対応にしたほか、予防接種日などをスマホに通知する子育てアプリを導入。住民の声を基に地域の安全対策も着実に前進させた。中小・零細企業への支援策充実、介護ロボット導入による介護従事者の負担軽減を進める。 【略歴】党総支部青年部長。市議1期。私立足立(現・足立学園)高校卒。47歳。

きどころ 正美
(きどころ まさみ/57歳)

きどころ 正美

骨髄移植ドナーへの助成金交付や夫婦の門出を祝福する市独自の婚姻届作成をリード。全ての公園遊具の点検を実施し、点検日を書いたシールを貼る安全対策も進めた。防災・減災対策や高齢者支援の充実、特殊詐欺被害を防ぐ対策強化に力を尽くす。 【略歴】市議会公明党幹事長。市議4期。防災士。相模工業(現・湘南工科)大学卒。61歳。