新潟県燕市議選(定数24)

2014年10月19日(日)告示
2014年10月26日(日)投票

全員当選、過去最高得票

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
樋浦 恵美 (ひうら めぐみ) 当選 2 2 2,928 公式ホームページ
渡邉 雄三 (わたなべ ゆうぞう) 当選 2 6 1,908 公式ホームページ

公明党現職の渡辺雄三氏(60)が1908票(6位)、樋浦恵美さん(46)が2928票(2位)をそれぞれ獲得し、現有2議席を守った。

公明票は前回より223票増えて、過去最高。

定数24に対する当選者の党派別内訳は公明2、共産3、無所属19(前回と同じ)。

当日有権者数は6万7318人。投票率は54・04%。

プロフィール

樋浦 恵美
(ひうら めぐみ/46歳)

党支部長。市議1期。防災士。旧新潟市立高志高校卒。46歳。

樋浦 恵美

「ひとりの人を大切に」が信条。福祉や子育て支援で多くの施策を実現した。自宅から乗れる300円の乗合タクシー、不妊治療費の助成、病児保育室の開設、小学校普通教室への扇風機導入などを推進。今後、障がい者・高齢者福祉の充実、女性や若者への支援をさらに進めていく。

渡邉 雄三
(わたなべ ゆうぞう/60歳)

党支部長。市議1期。日体荏原高校卒。60歳。

渡邉 雄三

市民相談を重視し、要望を受ければ、すぐ調査。多くの実績を挙げてきた。(1)若者を支援するサポステ出張所の設置(2)防犯灯のLED化で市の経費削減(3)救急医療情報キットの高齢者への配布(4)カーブミラーや横断歩道の設置――などを実現。今後も地域の活性化、安心・安全なまちづくりに取り組む。