埼玉県草加市議選(定数28)

2014年10月19日(日)告示
2014年10月26日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
西沢 かしゅく (にしざわ かしゅく) 当選 3 2 3,025 公式ホームページ
いいづか やすよ (いいづか やすよ) 当選 4 11 2,676 公式ホームページ
金井 としはる (かない としはる) 当選 1 16 2,534 公式ホームページ
佐々木 よういち (ささき よういち) 当選 3 18 2,497 公式ホームページ
宇佐美 正隆 (うさみ まさたか) 当選 5 21 2,377 公式ホームページ
広田 たけお (ひろた たけお) 当選 1 22 2,326 公式ホームページ

定数2減の中、公明党前職の宇佐美正隆(60)、飯塚恭代(58)、西澤可祝(55)、佐々木洋一(53)、新人の広田丈夫(56)、金井俊治(51)の6氏が、党員、支持者らの奮闘により、大混戦を勝ち抜き、前回を上回る得票数で全員当選を果たした。

定数28に対する当選者の党派別内訳は公明6、民主1、共産5、無所属16(前回=定数30=公明6、民主3、共産5、無所属16)。

当日有権者数は19万4421人。投票率は44・07%。

プロフィール

西沢 かしゅく
(にしざわ かしゅく/55歳)

西沢 かしゅく

徹して地域を歩き、社会的に弱い立場の人に寄り添ってきた。障がい者の総合相談窓口の開設や、知的障がい児の通園施設「あおば学園」の建て替えを推進。草加市の観光・文化芸術の発信へ、草加松原に茶室を備えた「和のおもてなし施設」の開設をリード。大人のひきこもり対策にも力を入れる。 【略歴】党総支部広報宣伝部長。市議3期。関西創価高校卒。59歳。

いいづか やすよ
(いいづか やすよ/58歳)

いいづか やすよ

一人の声を大切に安全・安心のまちづくりに奔走する。大阪北部地震を受け、市に緊急対策を要望し、保育園や小中学校でブロック塀の点検と危険箇所の改修が決定。全小学校での放課後子ども教室の開設や、草加駅前の駐輪場整備、市内5カ所の認知症カフェの設置を強力に推進した。 【略歴】党総支部政策部長。党市議団団長。市議4期。瀧野川女子学園高校卒。62歳。

金井 としはる
(かない としはる/51歳)

金井 としはる

温かな人柄と行動力が魅力。地下道(アンダーパス)の冠水時に車両の進入を防ぐエアー遮断機の設置や、市内全中学1年生を対象に匿名で悩み事などを報告できる「いじめ相談アプリ」の導入を推進した。重度の知的障がい者の入所施設の確保、障がい者への細やかな就労相談体制の構築に全力投球する。 【略歴】党総支部労働部長。市議1期。創価大学卒。55歳。

佐々木 よういち
(ささき よういち/53歳)

佐々木 よういち

10年間のリース契約で1万8000基のLED街路灯の設置を推進した。特殊詐欺から市民を守るため、消費者ホットラインの短縮番号188入りのマグネットの市内全世帯への配布、自転車事故などに備える保険「RinRinそうか」の導入を実現。防犯、防災対策を強化し、安全・安心なまちをめざす。 【略歴】党支部長。市議3期。中央商科短期大学卒。57歳。

宇佐美 正隆
(うさみ まさたか/60歳)

党支部長。市議4期。県立春日部工業高校卒。60歳。

宇佐美 正隆

議会をリードする実力派。市内初となる民間認可保育園の設置に尽力。現在、12園まで拡大し、待機児童対策を前進させる。東埼玉道路開通に伴い青柳3丁目交差点の信号機設置など地域実績は群を抜く。市民福祉葬祭制度の確立も推進。コミュニティーバスの導入に向け、草加市発展のため全力を尽くす。

広田 たけお
(ひろた たけお/56歳)

広田 たけお

4年間で2000件の市民相談に対応し、松原大橋の歩道拡幅、葛西用水の緑橋の架け替えを実現。綾瀬川左岸広場で無料駐車場(37台分)や備蓄倉庫、ヘリポートの整備を進め、防災機能を強化した。市内4駅で内方線付き点状ブロックの設置を推進。未来の五輪選手、ジュニア競技者の育成にも力を注ぐ。 【略歴】党総支部NPO部長。市議1期。滋賀大学卒。60歳。