青森県青森市議選(定数35)

2014年10月19日(日)告示
2014年10月26日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
赤木 長義 (あかぎ みちよし) 当選 4 5 3,314 公式ホームページ
山本 武朝 (やまもと たけとも) 当選 2 6 3,312 公式ホームページ
輕米 智雅子 (かるまい ちかこ) 当選 1 8 3,202 -
渡部 伸広 (わたなべ のぶひろ) 当選 3 10 3,043 公式ホームページ

定数6減の中、公明党現職の赤木長義(52)、渡部伸広(47)、山本武朝(56)、新人の軽米智雅子(53)の4氏が激戦を突破し、見事、全員当選を果たした。

定数35に対する当選者の党派別内訳は公明4、自民9、民主1、共産6、社民3、無所属12(前回=定数41=公明4、自民12、民主1、共産6、社民4、無所属14)。

当日有権者数は24万4853人。投票率は45・63%。

プロフィール

赤木 長義
(あかぎ みちよし/52歳)

党県労働局長。市議3期。防災士。創価大学卒。52歳。

赤木 長義

3期12年間で受けた市民相談数は5500件。定例会では毎回、一般質問を行い、住民の声を市政に届けてきた。市営バスのフリーパス券値下げ、全市立中学校へのミストシャワーキット配布や情緒障がい児の施設「青森おおぞら学園」の分教室を実現。誰もが安心して快適に暮らせるまちづくりをめざす。

山本 武朝
(やまもと たけとも/56歳)

党県中小企業局次長。市議1期。防災士。創価大学卒。56歳。

山本 武朝

明るく親しみやすい人柄。子どもを事故から守るため、通学路の安全対策を推進。リンゴ果樹薬剤噴霧車を買い替える際の市独自の助成や、土砂災害・津波ハザードマップの作製、配布を進めてきた。地域包括支援センターのスタッフ増員にも尽力。介護従事者の処遇改善など福祉政策の充実に全力投球。

輕米 智雅子
(かるまい ちかこ/53歳)

党県女性局次長。防災士。県立青森西高校卒。53歳。

輕米 智雅子

一男一女を育てる中で、PTA副会長や母親委員長を務める。その経験を通し、子育て支援策の充実に意欲。公明議員との連携で、老朽化した公園遊具を改善させた。東日本大震災の被災者支援に関わり地域防災力の重要性を実感、防災士の資格を取得した。女性の視点を生かしたまちづくりに情熱を燃やす。

渡部 伸広
(わたなべ のぶひろ/47歳)

党県広宣局長。市議2期。防災士。創価大学卒。47歳。

渡部 伸広

誠実な人柄で信頼を集める。不登校やひきこもりの子ども、若者を支援する「子ども・若者支援地域協議会」の設置を推進。心の病の早期発見に役立てようと市ホームページへ「こころの体温計」の導入を進めた。親しみやすい市政をめざし、市議会だよりの刷新に尽力。より市民に開かれた議会改革へ挑む。