兵庫県川西市議選(定数26)

2014年10月12日(日)告示
2014年10月19日(日)投票

全員当選

氏名(ふりがな) 当選 当選回数 順位 得票数 ホームページ
平岡 譲 (ひらおか ゆずる) 当選 3 5 2,585 公式ホームページ
大矢根 秀明 (おおやね ひであき) 当選 3 7 2,374 公式ホームページ
江見 輝男 (えみ てるお) 当選 4 8 2,355 公式ホームページ
大﨑 淳正 (おおさき あつまさ) 当選 2 11 2,297 公式ホームページ
鈴木 光義 (すずき みつよし) 当選 2 13 2,168 公式ホームページ

公明党現職の江見輝男(56)、大矢根秀明(51)、平岡譲(49)、鈴木光義(61)、大﨑淳正(53)の5氏が激戦を突破し、全員当選を果たした。

定数26に対する当選者の党派別内訳は公明5、自民1、民主2、維新1、共産3、みんな1、社民1、無所属12(前回=公明5、自民1、民主5、共産4、みんな1、社民1、無所属9)。

当日有権者数は12万9481人。投票率は48・15%。

プロフィール

平岡 譲
(ひらおか ゆずる/49歳)

党支部長。市議2期。京都府立峰山高校卒。49歳。

平岡 譲

市民相談を基にした問題解決への粘り強い取り組みに、信頼は厚い。東日本大震災ボランティア支援の無料バス運行、人間ドック受診費の助成と対象者拡充、飼い犬の遊び場確保と野良猫の不妊治療費助成などを推進。大型団地の再生や全小学校への空調設備設置、中学校給食の早期実施に情熱を燃やす。

大矢根 秀明
(おおやね ひであき/51歳)

党支部長。市議2期。香川県立観音寺中央高校(旧・観音寺商業高校)卒。51歳。

大矢根 秀明

“生活者の視点”から現場第一主義を貫く行動派。好評を博す「幼児2人同乗自転車」貸し出し制度、スクールカウンセラーの全中学校配置、通学路の安全対策などを推進。公共施設の老朽化対策と適正配置、空き家条例の制定、能勢電鉄・絹延橋駅周辺の駐輪対策にも奔走。

江見 輝男
(えみ てるお/56歳)

党県機関紙推進本部次長。市議3期。大阪経済大学二部卒。56歳。

江見 輝男

「困っている人」の目線に立ち市政の向上に奔走してきた。住宅改修費の受領委任払い、AED購入費助成の推進のほか、タンザニアへの消防車寄贈など、ユニークな実績も。2年前、「かわにし防災士会」を設立。災害に強い街をめざすほか、認知症、ひきこもり対策にも全力投球。

大﨑 淳正
(おおさき あつまさ/53歳)

党副支部長。市議1期。神戸学院大学卒。53歳。

大﨑 淳正

市民に寄り添い、どんな小さな声にも耳を傾け生活向上に尽力。ナンバープレートに市のイメージキャラクター活用、高齢者宅へ救急医療情報キット配布、雨水貯留タンク設置費助成制度の創設など多くの実績が光る。子ども医療費無料化の拡充、安全・安心の街づくり、コミュニティー再生にも総力。

鈴木 光義
(すずき みつよし/61歳)

党副支部長。市議1期。中京大学卒。61歳。

鈴木 光義

何事にも体当たりで取り組むパワーが持ち味。若い世代の定住促進と子育て支援を兼ねた「親元近居助成制度」の創設をはじめ、貸し農園の防犯、市道49号の交通安全対策など、実績への評価は高い。地域の共同下水道管整備に道筋を付けたほか、大型団地の再生と活性化、一人暮らし高齢者の支援にも意欲。