衆院選2012公明党ホームページへ

佐藤しげき

大阪市地図

ひとりの声を、カタチにする政治。

佐藤しげき ■プロフィール
京都大学法学部卒業。1993年に衆院初当選。当選6回。国土交通大臣政務官時に大阪港をスーパー中枢港湾に指定。文部科学委員長時には地震防災対策特措法を改正し学校の耐震化を加速。再生可能エネルギー法、仮払い法、海賊対処法の成立等、次々と議員立法で実現させた。「安全・安心」をモットーに中小企業・外交・安全保障政策、政治改革に取り組む。党大阪府本部代表。

■略歴
1959年、滋賀県生まれ。53歳(年齢は2012年10月1日現在)。京都大学法学部卒。日本IBM勤務を経て93年、衆院議員に初当選。衆院当選6回。党政務調査会会長代理、同大阪府本部代表。国土交通大臣政務官など歴任。清潔な政治実現へ、1円以上の支出を公開する政治資金規正法の改正も実績。

ひとりの声を、カタチにする政治。
★庶民の声をカタチにしてきた人。国会質問は170回。成立させた法律は30本以上です。学校の耐震化では国の補助率をアップ。耐震化率は10年で倍増、今年度中には90%に。大阪府内の学校の防災総点検も主導。実行力抜群、防災・減災のスペシャリストです。
★中小企業・雇用対策の第一人者です。借換保証制度の拡充で資金繰りを支援し、数多くの企業の倒産を防止。再生可能エネルギーの振興で雇用の拡大を促す法律も成立させました。

■地域
大阪市大正区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市西成区

被災者に寄り添う〝議員立法〟

東日本大震災の復興では、原発事故被害の賠償金問題に奔走。国会で被災者の声を訴え、国による賠償金の仮払いを促す法案を議員立法で提案し実現。衆院文部科学委員長時代、学校の耐震化へ国の補助率をアップさせる改正法も。

〝中小企業支援策〟に感謝の声

中小企業対策では、党の実務責任者として資金繰りを支援する借換保証制度や、売掛債権担保融資保証制度の拡充も。多くの企業の倒産を防ぎ、「公明が光を当ててくれた」と感謝の声が。

大阪を元気にするリーダー

党大阪府本部代表として府内の公立学校の防災総点検をリード。弱者に配慮した備蓄の見直しなどを府知事に提言し、積極的な回答を引き出した。バイオ、エコ産業の振興、若者の就職支援など、大阪を元気にするため、さらなる景気・雇用対策の充実を誓う。

主な活動