衆院選2012公明党ホームページへ

赤羽かずよし

神戸市地図

日本再建。やっぱり赤羽!

赤羽かずよし ■プロフィール
慶應義塾大学法学部卒業。1993年衆院初当選。当選5回。財務副大臣、衆院国土交通委員長、同災害対策特別委員長等歴任。阪神・淡路大震災の政府の対応への怒りと執念で、「改正被災者生活再建支援法」の成立を勝ち取る。その経験を生かし、現在、党東日本大震災対策本部事務局次長として奮闘。交通バリアフリー法の制定や誰もが受給できる奨学金制度への改革など、震災復興と安全・安心の街づくりを実現。

■略歴
災害対策の論客。高校時代はラグビーの全日本選抜として活躍。慶應義塾大学法学部で国際政治学を学び、幅広い視野を養った。三井物産勤務を経て、衆院当選5回。財務副大臣としてムダ削減やデフレ不況対策に取り組んだ。1958年生まれ、54歳(年齢は2012年10月1日現在)。

日本再建。やっぱり赤羽!
★「日本再建」に欠かせない震災復興の専門家。阪神・淡路大震災では自ら被災しながら救援や復興に奔走、自宅再建を財政的に支援する「改正被災者生活再建支援法」を制定しました。「交通バリアフリー法」制定も推進し、“駅にはエレベーター”を当たり前に。
★奨学金の大幅拡充とジョブカフェ設置を進め、若者の就学・就職を応援。世界金融危機の際は、緊急保証制度を創設させ、中小企業の経営と雇用を守りました。スーパーコンピューター「京」を神戸に誘致、画期的な製品開発や経済活性化が期待されています。

■地域
神戸市兵庫区、神戸市北区、神戸市長田区

災害被災者の生活再建を応援

阪神・淡路大震災では、自ら被災しながら救援活動や復旧・復興に奔走。壊れた自宅再建を資金面で応援する「改正被災者生活再建支援法」を執念で実現。 新産業創出に期待がかかる世界一のスーパーコンピューター「京」の神戸誘致を果たした。

日本の屋台骨・中小企業を元気に

リーマン・ショックで、苦境に陥った中小企業を訪問。経済産業相に〝直談判〟し、資金繰りを支援する緊急保証制度を創設させ、約550万人の雇用を守った。若者と中小企業の就職ミスマッチ解消をめざすバスツアーも実現。

子どもに希望を、高齢者に安心を

親の経済状態にかかわらず、「誰もが平等なチャンスを持つ社会」の構築に情熱。児童手当や奨学金制度の拡充を推進した。安全・安心確保へ、社会保険神戸中央病院の存続に尽力。救急医療や介護制度の充実も訴える。

主な活動