こども・子育てマニフェスト 2019こども・子育てマニフェスト 2019

PDFファイルでひらいて 印刷 いんさつ する

こども・子育てマニフェスト2019こども・子育てマニフェスト2019

(がつ)21(にち)(にち))、参議院(さんぎいん)選挙(せんきょ)(おこな)われます。
(あたら)しい、(れい)()時代(じだい)になり、はじめての国政選挙(こくせいせんきょ)国会議員(こっかいぎいん)(えら)選挙(せんきょ))です。 日本(にほん)はいま、()どもの(かず)()一方(いっぽう)でお年寄(としよ)りの割合(わりあい)()えており、経済(けいざい)発展(はってん)(わる)影響(えいきょう)()るのではないか?()みやすい社会(しゃかい)にするために(おさ)める税金(ぜいきん)()り、生活(せいかつ)(わる)影響(えいきょう)()るのではないか?などの(おお)きな問題(もんだい)直面(ちょくめん)しています。 そうした問題(もんだい)解決(かいけつ)するために、責任(せきにん)ある安定(あんてい)した政治(せいじ)(おこな)うことが必要(ひつよう)であり、そのためにも、(わたし)たち公明党(こうめいとう)()(つづ)き、政治(せいじ)中心(ちゅうしん)活躍(かつやく)することが必要(ひつよう)であると(かんが)えています。

今回(こんかい)参院選(さんいんせん)では、みなさんを(まも)り、(そだ)てることを最優先(さいゆうせん)にする社会(しゃかい)をめざして、教育(きょういく)無償化(むしょうか)をさらに(すす)めていくことをお約束(やくそく)します。また、みなさんのおじいさんやおばあさん、さらに(しょう)がいのある(ひと)など、すべての(ひと)()きがいを()って、くらし(つづ)けることのできる社会(しゃかい)をつくっていきます。さらに(おお)きな災害(さいがい)から、みなさんの生命(せいめい)とくらしを(まも)るため、「防災(ぼうさい)減災(げんさい)復興(ふっこう)」の対策(たいさく)全力(ぜんりょく)()()んでいきます。
これまでも、そしてこれからも(わたし)たち公明党(こうめいとう)は、みなさん一人一人(ひとりひとり)の「(ちい)さな(こえ)」を()き、くらしを(まも)り、希望(きぼう)ある日本(にほん)未来(みらい)(きず)いていきたいと(かんが)えています。 (あたら)しい時代(じだい)(にな)うみなさんと一緒(いっしょ)()(なか)のこと、政治(せいじ)のことを(まな)んでいきたい、公明党(こうめいとう)がみなさんにお約束(やくそく)することをお(つた)えしたいとの(おも)いで、この「こども・子育(こそだ)てマニフェスト2019」をつくりました。是非(ぜひ)、ご家族(かぞく)のみなさん、(おお)くの(ひと)一緒(いっしょ)(かた)()いながら、()んでいただけたら(さいわ)いです。

公明党って、どういう政党?公明党って、どういう政党?

公明党(こうめいとう)は2019(ねん)結党(けっとう)政党(せいとう)をつくること)55(ねん)をむかえます。(くに)民族(みんぞく)(ちが)い、政治(せいじ)(たい)する(かんが)(かた)(ちが)いによる対立(たいりつ)()りこえて、“人間(にんげん)(しあわ)せに()きていくこと”という目的(もくてき)()(かえ)り、それを実現(じつげん)するために活動(かつどう)しています。全国(ぜんこく)にいる(やく)3000(にん)国会議員(こっかいぎいん)地方(ちほう)議員(ぎいん)が、各地(かくち)生活(せいかつ)する(ひと)たちの(ちい)さな(こえ)をしっかりと()()め、その(こえ)(くに)政治(せいじ)にまで(とど)け、そして、政策(せいさく)実現(じつげん)するというネットワークの(ちから)()っている政党(せいとう)です。また、憲法(けんぽう)大事(だいじ)な3つの(かんが)(かた)憲法(けんぽう)さんげんこくみん主権(しゅけん)基本的(きほんてき)人権(じんけん)尊重(そんちょう)平和(へいわ)主義(しゅぎ))を尊重(そんちょう)し、(まも)っていこうと(かんが)えています。

教育・学校生活

教育(きょういく)」こそ(くに)づくりの基本(きほん)です。みなさんが、(ゆた)かな(こころ)(はぐく)み、自分(じぶん)将来(しょうらい)(ゆめ)をもって(すす)み、その(ゆめ)をかなえるために必要(ひつよう)な「教育(きょういく)」をしっかりと()けられるように公明党(こうめいとう)応援(おうえん)します。

3~5(さい)就学前(しゅうがくまえ)年間(ねんかん))のすべての()どもと、経済的(けいざいてき)大変(たいへん)なご家庭(かてい)住民税(じゅうみんぜい)非課税(ひかぜい)世帯(せたい))の0~2(さい)()どもを対象(たいしょう)に、幼稚園(ようちえん)保育所(ほいくじょ)認定(にんてい)こども(えん)などの保育料(ほいくりょう)無償化(むしょうか)します。今後(こんご)は、0~2(さい)()どもを(ふく)め、小学校(しょうがっこう)()がる(まえ)のすべての()どもが対象(たいしょう)となるよう()()みます。

公明党(こうめいとう)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)義務(ぎむ)教育(きょういく)での教科書(きょうかしょ)無償(むしょう)使(つか)えるようにしたので、これを(つづ)けていきます。また(おな)じく義務(ぎむ)教育(きょういく)での、校外(こうがい)学習費(がくしゅうひ)遠足(えんそく)社会科(しゃかいか)見学(けんがく)などの費用(ひよう))や学用品(がくようひん)()補助(ほじょ)教材費(きょうざいひ)なども無償(むしょう)にしていきます。

現在(げんざい)公立(こうりつ)高校(こうこう)授業料(じゅぎょうりょう)実質(じっしつ)かかりません(年収(ねんしゅう)910(まん)円未満(えんみまん)のご家庭(かてい))。それに(くら)べて、私立(しりつ)高校(こうこう)授業料(じゅぎょうりょう)公立(こうりつ)(やく)(ばい)にものぼり、家計(かけい)負担(ふたん)(おお)きくなっています。そこで、私立(しりつ)高校(こうこう)(かよ)うための経済(けいざい)負担(ふたん)()らすため、2020(ねん)(がつ)から私立(しりつ)高校(こうこう)授業料(じゅぎょうりょう)実質(じっしつ)無償化(むしょうか)します(年収(ねんしゅう)590(まん)円未満(えんみまん)のご家庭(かてい)対象(たいしょう))。また、返済(へんさい)のいらない高校生(こうこうせい)のための給付(きゅうふ)(がた)奨学金(しょうがくきん)支給額(しきゅうがく)などを()やします。

大学(だいがく)などに進学(しんがく)したくても、経済的(けいざいてき)理由(りゆう)であきらめることのないよう、2020(ねん)(がつ)から経済的(けいざいてき)大変(たいへん)なご家庭(かてい)対象(たいしょう)に、授業料(じゅぎょうりょう)負担(ふたん)()らすとともに、返済(へんさい)のいらない給付(きゅうふ)(がた)奨学金(しょうがくきん)充実(じゅうじつ)による教育費(きょういくひ)負担(ふたん)軽減(けいげん)(すす)めます。今後(こんご)は、さらに(おお)くの(ひと)対象(たいしょう)になるよう()()みます。

英会話(えいかいわ)中心(ちゅうしん)とした英語(えいご)授業(じゅぎょう)小学校(しょうがっこう)低学年(ていがくねん)から()()れるなどして、(おお)くの()どもたちが大人(おとな)になったら世界(せかい)舞台(ぶたい)活躍(かつやく)できるようにしていきます。

(からだ)(こころ)成長(せいちょう)のために、食習慣(しょくしゅうかん)地産地消(ちさんちしょう)地域(ちいき)生産(せいさん)されたものをその地域(ちいき)消費(しょうひ)すること)などを学習(がくしゅう)する食育(しょくいく)(ちから)()れていきます。

(ゆた)かな(こころ)(はぐく)むため、自然(しぜん)文化(ぶんか)芸術(げいじゅつ)などの体験(たいけん)活動(かつどう)()ける機会(きかい)()やします。

視覚(しかく)(しょう)がいの(ひと)などが()みやすい(ほん)()やし、(しょう)がいのある(ひと)読書(どくしょ)(たの)しむことができるようにしていきます。

仕事(しごと)について(まな)ぶために、中学生(ちゅうがくせい)に1週間(しゅうかん)以上(いじょう)職場(しょくば)体験(たいけん)()をつくったり、高校(こうこう)大学(だいがく)でインターンシップ(職業(しょくぎょう)体験(たいけん)学習(がくしゅう))を()()れていきます。

年金(ねんきん)医療(いりょう)介護(かいご)など、「社会保障(しゃかいほしょう)」と()ばれるものにはいろいろあります。これは、社会(しゃかい)のみんなの(ささ)えがなければできないものです。その仕組(しく)みをきちんと理解(りかい)して(まも)っていけるよう、社会保障(しゃかいほしょう)について勉強(べんきょう)ができるようにします。

高校生(こうこうせい)大学生(だいがくせい)留学(りゅうがく)応援(おうえん)するため、留学(りゅうがく)費用(ひよう)援助(えんじょ)する奨学金(しょうがくきん)()やすなどして、(おお)くの日本人(にほんじん)海外(かいがい)留学生(りゅうがくせい)として外国(がいこく)(まな)べるようにします。

世界中(せかいじゅう)人々(ひとびと)(ゆめ)希望(きぼう)をあたえる2020(ねん)東京(とうきょう)オリンピック・パラリンピックの成功(せいこう)をめざし、選手(せんしゅ)技術(ぎじゅつ)向上(こうじょう)会場(かいじょう)整備(せいび)などを支援(しえん)します。これからも世界(せかい)活躍(かつやく)できるトップアスリート(一流(いちりゅう)のスポーツ選手(せんしゅ))が()まれるよう、応援(おうえん)していきます。

「いじめは絶対(ぜったい)にいけないこと」「いじめる(ひと)(わる)い」ということを、きちんと(おし)えていきます。いじめや不登校(ふとうこう)などで(なや)()どもたちが相談(そうだん)しやすい環境(かんきょう)(ととの)えていくため、()()()()などの(エス)(エヌ)(エス)による相談(そうだん)窓口(まどぐち)()やしていきます。また、学校(がっこう)(なや)みごとを()いてくれる専門(せんもん)先生(せんせい)(スクールカウンセラー)を()やしたり、(なや)んでいる()どもに(おう)じて家庭(かてい)学校(がっこう)児童(じどう)相談所(そうだんじょ)などと連絡(れんらく)()()いながらサポートする専門家(せんもんか)(スクールソーシャルワーカー)を必要(ひつよう)とするすべての学校(がっこう)()きます。

つらい(とき)には、身近(みぢか)信頼(しんらい)できる大人(おとな)(たす)けを(もと)めることを学校(がっこう)(まな)んだり、()()()()などの(エス)(エヌ)(エス)使(つか)った相談(そうだん)窓口(まどぐち)充実(じゅうじつ)させて、自分(じぶん)(きず)つけたり、自殺(じさつ)(ふせ)対策(たいさく)(ちから)()れ、「(だれ)自殺(じさつ)()()まれることのない社会(しゃかい)」にしていきます。

ボランティアのお(にい)さんお(ねえ)さんなどが無償(むしょう)勉強(べんきょう)(おし)えてくれる「地域(ちいき)未来(みらい)(じゅく)」を()やしたり、不登校(ふとうこう)()どもたちが安心(あんしん)して(まな)べる、フリースクールや夜間(やかん)中学(ちゅうがく)などを充実(じゅうじつ)します。また、(なん)らかの理由(りゆう)学校(がっこう)()けない()どもが、(アイ)(シー)(ティー)(インターネットを使(つか)った技術(ぎじゅつ))を活用(かつよう)して、自宅(じたく)での学習(がくしゅう)成績(せいせき)として(みと)めてもらえるよう()()みます。

()どもたちが(かか)える問題(もんだい)を、学校(がっこう)地域(ちいき)家庭(かてい)協力(きょうりょく)して解決(かいけつ)する仕組(しく)みづくりを(すす)め、地域(ちいき)()どもを見守(みまも)(そだ)てることに(ちから)()れます。

みなさんが安心(あんしん)してインターネットや(エス)(エヌ)(エス)などを使(つか)えるようになるため、マナーやルール、適切(てきせつ)情報(じょうほう)見分(みわ)(かた)などを(まな)べるようにします。

(しょう)がいのある()どもなど、特別(とくべつ)支援(しえん)必要(ひつよう)()どものための特別(とくべつ)支援(しえん)学級(がっきゅう)や、そのための先生(せんせい)などを()やしていきます。また、(しょう)がいがあっても受験(じゅけん)をしやすくしたり、合格後(ごうかくご)(かよ)いやすいよう学校(がっこう)()()体制(たいせい)(ととの)えていきます。

発達(はったつ)(しょう)がい(自閉症(じへいしょう)学習(がくしゅう)(しょう)がいなどの脳機能(のうきのう)(しょう)がい)などで“()み”が困難(こんなん)()どものための「*デイジー教科書(きょうかしょ)」を無償(むしょう)配布(はいふ)します。また、学校(がっこう)(はい)(まえ)から仕事(しごと)につくまでの(あいだ)、サポートしていきます。

【*デイジー教科書(きょうかしょ)
マルチメディアデイジー(ばん)教科書(きょうかしょ)。ふつうの教科書(きょうかしょ)(おな)文章(ぶんしょう)画像(がぞう)デジタル()し、文字(もじ)音声(おんせい)をつけて()むことができるようにした教科書(きょうかしょ)

通学路(つうがくろ)学校(がっこう)安全(あんぜん)のために、()(まわ)るスクールガードリーダー(警察(けいさつ)退職(たいしょく)した(ひと)など)を()やしたり、安全(あんぜん)専門家(せんもんか)にチェックしてもらう仕組(しく)みをしっかりと(ととの)えていきます。また、車止(くるまど)めとなるガードレールなどの設置(せっち)白線(はくせん)などの整備(せいび)(くるま)速度(そくど)時速(じそく)30キロまでに規制(きせい)する「ゾーン30」の整備(せいび)(すす)めます。さらに、小学校(しょうがっこう)幼稚園(ようちえん)への通学(つうがく)通園(つうえん)()に、交通(こうつう)事故(じこ)から(いのち)(まも)るための「スクールゾーン」の設置(せっち)(すす)めることや、保育園(ほいくえん)散歩(さんぽ)ルートなどにも(あら)たに「キッズゾーン」をつくるなど、さまざまな対策(たいさく)(すす)めていきます。

地震(じしん)(つよ)学校(がっこう)づくりを(すす)めながら、建物(たてもの)(ふる)くなって使(つか)えなくなる(まえ)(はや)めの修理(しゅうり)をして維持費(いじひ)節約(せつやく)します。さらに、和式(わしき)トイレや(ふる)くなったトイレを改修(かいしゅう)したり、教室(きょうしつ)体育館(たいいくかん)のエアコン設置(せっち)危険(きけん)なブロック(べい)()(のぞ)いたり、(なお)したりして、()どもたちが安全(あんぜん)快適(かいてき)(まな)べる環境(かんきょう)をつくります。

すべての公立(こうりつ)中学校(ちゅうがっこう)給食(きゅうしょく)()るようにします。また、アレルギーの()どもにも配慮(はいりょ)した給食(きゅうしょく)もできるところから(はじ)めています。
国公私立(こっこうしりつ)中学校(ちゅうがっこう)における完全(かんぜん)給食(きゅうしょく)実施率(じっしりつ):86.6%(2018(ねん)(がつ)(にち)現在(げんざい)

すべての()どもが放課後(ほうかご)学校(がっこう)児童館(じどうかん)安全(あんぜん)安心(あんしん)()ごせるように、「放課後(ほうかご)児童(じどう)クラブ」や「放課後(ほうかご)子供(こども)教室(きょうしつ)」を充実(じゅうじつ)します。

太陽光(たいようこう)パネルなどを()くための校舎(こうしゃ)のエコ改修(かいしゅう)や、学校(がっこう)にビオトープ(野生(やせい)動植物(どうしょくぶつ)生息(せいそく)する空間(くうかん))をつくるなどして、環境(かんきょう)にやさしい学校(がっこう)づくりを(すす)め、学校(がっこう)(なか)環境(かんきょう)(まも)()()みの大事(だいじ)さを学習(がくしゅう)できるようにします。

出産・子育て支援、安心の医療

(かあ)さんが安心(あんしん)して(あか)ちゃんを()(そだ)てられるように、いろいろな制度(せいど)応援(おうえん)していきます。また、すべての()どもたちが(すこ)やかに成長(せいちょう)していけるよう、医療(いりょう)()をより()()えていきます。

(あか)ちゃんを()(とき)には病院(びょういん)でたくさんのお(かね)がかかります。お(さん)子育(こそだ)てを応援(おうえん)するために支払(しはら)われる「出産(しゅっさん)育児(いくじ)一時金(いちじきん)」を42万円(まんえん)から50万円(まんえん)()やします。

(あか)ちゃんができてから、そして()まれた(あと)も、お(かあ)さんが(からだ)(なや)みや子育(こそだ)ての不安(ふあん)などを相談(そうだん)でき、支援(しえん)してくれる場所(ばしょ)全国(ぜんこく)につくり、安心(あんしん)して子育(こそだ)てできる環境(かんきょう)(ととの)えます。

出産(しゅっさん)子育(こそだ)てが一段落(いちだんらく)した女性(じょせい)仕事(しごと)につけるよう、さらに制度(せいど)(ととの)えます。

子育(こそだ)(ちゅう)のお(かあ)さんが(はたら)きやすくなるよう、短時間(たんじかん)のお仕事(しごと)やテレワーク(情報(じょうほう)通信(つうしん)(かん)する技術(ぎじゅつ)活用(かつよう)した時間(じかん)場所(ばしょ)にしばられない柔軟(じゅうなん)(はたら)(かた))などを(ひろ)げていきます。

(とう)さんお(かあ)さんが共働(ともばたら)きなどで保育(ほいく)必要(ひつよう)とするような場合(ばあい)に、すべての()どもが保育所(ほいくじょ)保育(ほいく)サービスを使(つか)えるように、保育所(ほいくじょ)()やしたり、延長(えんちょう)保育(ほいく)休日(きゅうじつ)保育(ほいく)病児(びょうじ)保育(ほいく)などいろいろな保育(ほいく)サービスを(ひろ)げていきます。

()どもが病気(びょうき)になった(とき)看護(かんご)のためにお(とう)さんお(かあ)さんが仕事(しごと)(やす)むことができる制度(せいど)をもっと使(つか)いやすく()えていきます。

小児(しょうに)救急(きゅうきゅう)専門(せんもん)のお医者(いしゃ)さんを(そだ)てたり、産科(さんか)小児科(しょうにか)のお医者(いしゃ)さんが不足(ふそく)している地域(ちいき)をなくしていくなど、小児(しょうに)産科(さんか)医療(いりょう)手厚(てあつ)くしていきます。

休日(きゅうじつ)夜間(やかん)小児科(しょうにか)()()体制(たいせい)(ととの)え、いつでも安心(あんしん)して、みてもらえるようにします。

(みみ)()こえにくい()どもが、人工(じんこう)内耳(ないじ)(おと)電気(でんき)信号(しんごう)()えて神経(しんけい)(つた)える装置(そうち))や補聴器(ほちょうき)などを利用(りよう)したり、治療(ちりょう)支援(しえん)(はや)()けられる体制(たいせい)(ととの)えます。

おたふくかぜなどにかからず、(すこ)やかに成長(せいちょう)していくために大切(たいせつ)なワクチンの注射(ちゅうしゃ)定期的(ていきてき)()けられるようにします。

(なお)すことが(むずか)しかったり、めずらしい病気(びょうき)だったりといった難病(なんびょう)のための医療費(いりょうひ)援助(えんじょ)する仕組(しく)みがあります。いままでは56の病気(びょうき)対象(たいしょう)でしたが、(あたら)しい法律(ほうりつ)で333の病気(びょうき)対象(たいしょう)()えました。これとあわせて、()どもの難病(なんびょう)(おな)じように、対象(たいしょう)となる病気(びょうき)が514から756へと大幅(おおはば)()えました。さらに、病気(びょうき)対象(たいしょう)(ひろ)げ、よりききめのある治療法(ちりょうほう)研究(けんきゅう)開発(かいはつ)(すす)めていきます。

世界(せかい)先進国(せんしんこく)(なか)で、日本(にほん)のお医者(いしゃ)さんの(かず)(じつ)(すく)ない(ほう)です。もっとお医者(いしゃ)さんを()やし、病院(びょういん)などで(はたら)(ひと)たちの環境(かんきょう)などを()くして、医療(いりょう)全体(ぜんたい)()くしていきます。

将来(しょうらい)(とし)をとった(とき)に、身体(しんたい)(うご)かなくなって、ヘルパーさんに食事(しょくじ)をつくってもらったり、()(まわ)りのお世話(せわ)をしてもらうにはお(かね)がかかります。そのためにかかる費用(ひよう)介護(かいご)保険料(ほけんりょう))を大変(たいへん)(ひと)について、できるだけ(やす)くします。

日本人(にほんじん)の2( ふたり)()( ひとり)が“がん”になり、3(にん)()( ひとり)が、“がん”で()くなっています。治療法(ちりょうほう)研究(けんきゅう)開発(かいはつ)応援(おうえん)したり、がんについてしっかりと理解(りかい)できるよう、がん教育(きょういく)(すす)めます。

小児(しょうに)がんなどの長期(ちょうき)入院(にゅういん)必要(ひつよう)高校生(こうこうせい)勉強(べんきょう)できるよう、入院先(にゅういんさき)学校(がっこう)先生(せんせい)(おし)えに()ったり、タブレット端末(たんまつ)などの(アイ)(シー)(ティー)(インターネットを使(つか)った技術(ぎじゅつ))を使(つか)った遠隔(えんかく)教育(きょういく)ができるよう()()みます。

アトピーや、国民病(こくみんびょう)ともいわれる花粉症(かふんしょう)で、つらい(おも)いをしている(ひと)がたくさんいます。公明党(こうめいとう)は、こういったアレルギーの病気(びょうき)(たい)する対策(たいさく)(すす)める法律(ほうりつ)をつくりました。(すこ)しでもつらい(ひと)(すく)なくなるようにしていきます。

ケガや病気(びょうき)(きず)ついたところを再生(さいせい)させて(なお)す、「再生(さいせい)医療(いりょう)」という分野(ぶんや)があります。(たと)えば、やけどで()ふがなくなったところに人工(じんこう)()ふを移植(いしょく)して再生(さいせい)させたりするもので、これからいろいろな病気(びょうき)応用(おうよう)できるのではないかと、とても注目(ちゅうもく)されています。この再生(さいせい)医療(いりょう)世界(せかい)(くら)べても(はや)安全(あんぜん)()けられるよう、研究(けんきゅう)支援(しえん)したり必要(ひつよう)審査(しんさ)(いそ)いだり、専門家(せんもんか)(そだ)てるなどしていきます。

再生(さいせい)医療(いりょう)への効果(こうか)期待(きたい)できる「*(アイ)(ピー)(エス)細胞(さいぼう)」は、(あか)ちゃんとお(かあ)さんをつなぐ“へその()”にある血液(けつえき)(さい帯血(たいけつ))を使(つか)うと効率(こうりつ)よくつくれると()われています。また(アイ)(ピー)(エス)細胞(さいぼう)は、創薬(そうやく)(くすり)をつくる分野(ぶんや))にも期待(きたい)(たか)まっており、さい帯血(たいけつ)使(つか)った(アイ)(ピー)(エス)細胞(さいぼう)研究(けんきゅう)(すす)むよう、応援(おうえん)していきます。

【*(アイ)(ピー)(エス)細胞(さいぼう)
人間(にんげん)(からだ)はたくさんの細胞(さいぼう)(やく)60(ちょう)())が(あつ)まってできている。(アイ)(ピー)(エス)細胞(さいぼう)(からだ)のいろいろな部分(ぶぶん)細胞(さいぼう)に「変身(へんしん)」できて、(たと)えば神経(しんけい)筋肉(きんにく)などいろいろな部分(ぶぶん)になることができる万能細胞(ばんのうさいぼう)()ばれている。

(くち)(なか)()健康(けんこう)全身(ぜんしん)健康(けんこう)にもつながります。ずっと、(くち)()健康(けんこう)(まも)っていくために、予防(よぼう)のための教育(きょういく)歯科(しか)健診(けんしん)充実(じゅうじつ)(すす)めていきます。

地域、社会の安全・安心

地震(じしん)津波(つなみ)台風(たいふう)豪雨(ごうう)土砂(どしゃ)災害(さいがい)火山(かざん)などの(おお)きな災害(さいがい)から、みなさんの生命(せいめい)とくらしを(まも)れるよう、事前(じぜん)(そな)えておくことが大切(たいせつ)です。災害(さいがい)から()(まも)り、(いえ)建物(たてもの)(はし)などが(こわ)れたり、電気(でんき)()まったり、電車(でんしゃ)(うご)かなくなるなどの被害(ひがい)()らすための()()みである「防災(ぼうさい)減災(げんさい)対策(たいさく)」とともに、災害(さいがい)のあった地域(ちいき)元通(もとどお)りに(なお)すなどの「復興(ふっこう)」に全力(ぜんりょく)()()みます。そして、()どもからお年寄(としよ)り、(しょう)がいのある(ひと)にもやさしい社会(しゃかい)(だれ)もが安心(あんしん)してくらせる社会(しゃかい)にするため、安全(あんぜん)対策(たいさく)全力(ぜんりょく)()()みます。

2011(ねん)()こった東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)や2016(ねん)()こった熊本(くまもと)地震(じしん)をはじめ、昨年(さくねん)(2018(ねん))は、日本(にほん)各地(かくち)地震(じしん)台風(たいふう)豪雨(ごうう)による(まち)浸水(しんすい)土砂(どしゃ)災害(さいがい)などがたくさん()こりました。(いえ)道路(どうろ)(はし)(こわ)れ、会社(かいしゃ)学校(がっこう)がなくなったりして、大変(たいへん)(おも)いをしている(ひと)がたくさんいます。そういう(ひと)たちが安心(あんしん)してくらせるよう、(すこ)しでも将来(しょうらい)のことに希望(きぼう)がもてるよう、しっかりと()()いながら、(こころ)のケアや健康(けんこう)生活(せいかつ)手助(てだす)けをしていきます。地域(ちいき)ごとの復興(ふっこう)計画(けいかく)をはっきりさせて、(まえ)よりも()くなったと()える、(あら)たなまちづくりなどもどんどん(すす)めていきます。

(おお)きな地震(じしん)災害(さいがい)などで、仕事(しごと)使(つか)っていた機械(きかい)建物(たてもの)などが(こわ)れたり、いろいろな被害(ひがい)()けたりした農業(のうぎょう)林業(りんぎょう)漁業(ぎょぎょう)観光業(かんこうぎょう)会社(かいしゃ)など、仕事(しごと)をしている(ひと)たちに(たい)して、さまざまな手助(てだす)けや応援(おうえん)をしていきます。また、仕事(しごと)()くなった(ひと)たちのために(はたら)場所(ばしょ)をつくったり、仕事(しごと)さがしなどの手助(てだす)けや応援(おうえん)をしていきます。

大地震(おおじしん)津波(つなみ)火災(かさい)豪雨(ごうう)大雪(おおゆき)土砂(どしゃ)くずれ、火山(かざん)噴火(ふんか)などの自然(しぜん)災害(さいがい)(そな)えて、地震(じしん)(つよ)建物(たてもの)(はし)などをつくる、(かわ)堤防(ていぼう)(つよ)くする、鉄道(てつどう)空港(くうこう)(みなと)などの建物(たてもの)(つよ)くするなどの()()みを(すす)めます。また、電気(でんき)やガス、水道(すいどう)電車(でんしゃ)(くるま)などの交通(こうつう)生活(せいかつ)やくらしが()まってしまわないように、いざという(とき)準備(じゅんび)(すす)めます。

コンクリートの建物(たてもの)(こわ)れず使(つか)うことのできる期間(きかん)寿命(じゅみょう))は、(やく)50(ねん)()われています。日本(にほん)のたくさんのビルや道路(どうろ)(はし)などが、どんどん(ふる)くなって(よわ)くなっています。自然(しぜん)災害(さいがい)(おお)日本(にほん)では、(ひと)(いのち)にかかわる大変(たいへん)問題(もんだい)です。また(こわ)れてから()(なお)すのでは、たくさんのお(かね)がかかります。だから、(こわ)れる(まえ)危険(きけん)なところを修理(しゅうり)して(すく)ないお(かね)でさらに建物(たてもの)寿命(じゅみょう)()ばします。また、災害(さいがい)(ふせ)ぐための(あたら)しい技術(ぎじゅつ)開発(かいはつ)したり、メンテナンスにも(ちから)()れます。そうした()()みにより、(あたら)しく仕事(しごと)()やすことにもつながります。

公明党(こうめいとう)は、エネルギーをムダなく使(つか)う「(しょう)エネルギー」や、太陽(たいよう)(ひかり)(かぜ)などの自然(しぜん)(ちから)使(つか)う「再生(さいせい)可能(かのう)エネルギー」など、*原子力(げんしりょく)()わる(あたら)しいエネルギーをつくって、できるだけ(はや)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)原子力(げんしりょく)使(つか)って電気(でんき)をつくる)を使(つか)わなくていい社会(しゃかい)をつくっていきます。また、原子力(げんしりょく)発電(はつでん)使(つか)(あいだ)は、絶対(ぜったい)事故(じこ)()きないようにきびしく安全(あんぜん)管理(かんり)をしていきます。

【*原子力(げんしりょく)
物質(ぶっしつ)のおおもとである原子核(げんしかく)分裂(ぶんれつ)したり、(かく)融合(ゆうごう)したりするなどの原子核(げんしかく)反応(はんのう)()こる(とき)()されるとても(おお)きなエネルギー。原子力(げんしりょく)は、(おお)きなエネルギーを()すことができるものの、人間(にんげん)(からだ)にとっては、とても危険(きけん)放射線(ほうしゃせん)()します。

東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)(とき)に、原子力(げんしりょく)発電所(はつでんしょ)事故(じこ)によって、(おお)きな被害(ひがい)()けた福島(ふくしま)が、太陽(たいよう)(ひかり)(かぜ)などの自然(しぜん)(ちから)使(つか)う「再生(さいせい)可能(かのう)エネルギー」やロボットなどで、世界的(せかいてき)にもっとも(すす)んだ研究(けんきゅう)開発(かいはつ)(あたら)しい地域(ちいき)として()まれ()わることができるよう()()んでいきます。

家庭(かてい)学校(がっこう)地域(ちいき)で、自分(じぶん)()(まも)ることやみんなで(たす)()うことなど、防災(ぼうさい)について(まな)んだり協力(きょうりょく)()えるようにします。(たと)えば、災害(さいがい)()きた(とき)()(かた)()げる場所(ばしょ)(まえ)もって()めておくことや、お年寄(としよ)りや介護(かいご)必要(ひつよう)(ひと)たちを、(だれ)(たす)けて一緒(いっしょ)()げるのかを()めて、訓練(くんれん)などを(おこな)うようにします。

災害(さいがい)()こった(とき)()どもや(しょう)がい(しゃ)(おんな)(ひと)がつらい(おも)いやがまんをすることがないように、安全(あんぜん)()ごしやすい避難所(ひなんじょ)をつくります。(たと)えば、エアコンをつけたり、きれいで使(つか)いやすいトイレを用意(ようい)したり、(あか)ちゃんに母乳(ぼにゅう)()ませるための授乳(じゅにゅう)(しつ)をつくるなどです。また、生活(せいかつ)必要(ひつよう)ないろいろなもの、アレルギーが()こらない()べもの、(あか)ちゃん(よう)液体(えきたい)ミルクなど、避難所(ひなんじょ)などに、きちんと用意(ようい)しておきます。また、地域(ちいき)(まも)るため、泥棒(どろぼう)留守(るす)(いえ)(はい)ったりしないように防犯(ぼうはん)体制(たいせい)(ととの)えます。

(アイ)(シー)(ティー)(インターネットを使(つか)った技術(ぎじゅつ))や(ジー)(ピー)(エス)使(つか)(ひと)場所(ばしょ)がわかる技術(ぎじゅつ))を使(つか)って、(はな)れていても()どものいる場所(ばしょ)がわかったり、災害(さいがい)から()(まも)るための防災(ぼうさい)情報(じょうほう)(なが)したりするなどして、安全(あんぜん)安心(あんしん)なくらしができる社会(しゃかい)をつくっていきます。

災害(さいがい)()こった(とき)に、スマートフォンでいろいろな情報(じょうほう)が、サイトやアプリなどで、わかりやすく使(つか)えるように(ととの)えていきます。

年寄(としよ)りが(くるま)安全(あんぜん)安心(あんしん)して運転(うんてん)できるように、自動(じどう)(うご)くブレーキを()()れた「安全(あんぜん)運転(うんてん)サポート(しゃ)」という(くるま)や、ペダルのふみ間違(まちが)いが()こらない装置(そうち)(ひろ)めていきます。

運転(うんてん)免許(めんきょ)(かえ)したお年寄(としよ)りが、お()かけする(とき)(こま)らないようにするため、バスやタクシー、電車(でんしゃ)などに(やす)料金(りょうきん)()ることができるように()()きやチケットのサービスなどの()()みを(すす)めます。

年寄(としよ)りや()どもたちが安心(あんしん)して(みち)(ある)くことができるよう、生活(せいかつ)する道路(どうろ)通学路(つうがくろ)などの(あぶ)ない場所(ばしょ)点検(てんけん)して、ガードレールやポールの設置(せっち)歩行者(ほこうしゃ)(ある)くところに(いろ)をつける、道路(どうろ)標識(ひょうしき)(おお)きくして()やすくするなどのいろいろな交通(こうつう)安全(あんぜん)のための()()みを(すす)めていきます。

安全(あんぜん)で、気持(きも)ちよく自転車(じてんしゃ)使(つか)えるようにするため、自転車(じてんしゃ)(とお)場所(ばしょ)自転車(じてんしゃ)おき()(ととの)えます。また、自転車(じてんしゃ)保険(ほけん)(はい)ってもらったり、小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)()どもたちに、交通(こうつう)安全(あんぜん)について(まな)()をたくさんつくります。

市役所(しやくしょ)(まち)(むら)役場(やくば)警察(けいさつ)学校(がっこう)会社(かいしゃ)住民(じゅうみん)(ひと)たちが協力(きょうりょく)をして「社会(しゃかい)全体(ぜんたい)()どもを(まも)る」という活動(かつどう)(おお)きく(ひろ)げて、いじめや()どもに暴力(ぼうりょく)をふるったりすることなどを(ふせ)いでいきます。

()どもへの暴力(ぼうりょく)などをなくすために、家庭(かてい)体罰(たいばつ)など、()どもの(からだ)(いた)みを(あた)えるようなことを法律(ほうりつ)禁止(きんし)します。また、()どもや家庭(かてい)(たす)けるための「児童(じどう)相談所(そうだんじょ)」や市役所(しやくしょ)(まち)(むら)役場(やくば)に、専門(せんもん)対応(たいおう)する(ひと)()やし、子育(こそだ)てなどのアドバイスをします。

子育(こそだ)(ちゅう)家族(かぞく)や、(しょう)がいのある(ひと)がいる家庭(かてい)、お年寄(としよ)りの(ひと)たちに()けた安全(あんぜん)安心(あんしん)して()める(いえ)用意(ようい)し、(ととの)えていきます。

(わたし)たちの生活(せいかつ)()(まわ)りにある*化学(かがく)物質(ぶっしつ)が、()どもの成長(せいちょう)発達(はったつ)にどのような影響(えいきょう)(あた)えるかを調(しら)べるための「エコチル調査(ちょうさ)」を(すす)めていきます。この調査(ちょうさ)は10(まん)(くみ)親子(おやこ)対象(たいしょう)にして、(あか)ちゃんがお(かあ)さんのお(なか)(なか)にいる(とき)から13(さい)成長(せいちょう)するまで(つづ)けられます。このエコチル調査(ちょうさ)結果(けっか)をもとにして、化学(かがく)物質(ぶっしつ)から()どもの健康(けんこう)(まも)り、()どもが(すこ)やかに成長(せいちょう)できる環境(かんきょう)をつくっていきます。

【*化学(かがく)物質(ぶっしつ)
人工的(じんこうてき)につくられた物質(ぶっしつ)のこと。(たと)えば殺虫剤(さっちゅうざい)やタンスの防虫剤(ぼうちゅうざい)、トイレなどの芳香剤(ほうこうざい)、プラスチック、洗剤(せんざい)化粧品(けしょうひん)農薬(のうやく)などにもたくさん(ふく)まれている。

(かね)もうけの(はなし)()()詐欺(さぎ)などの被害(ひがい)にあわないようにするために、()ごろから家族(かぞく)(はな)()うことが大切(たいせつ)です。被害(ひがい)をなくすために、警察(けいさつ)などによる()()まりに(ちから)()れていきます。

くらしを快適に、経済を元気に

すべての(ひと)安心(あんしん)して(はたら)き、快適(かいてき)なくらしができるよう、みなさんのくらしを(ささ)えるための政策(せいさく)実現(じつげん)をめざします。そして日本(にほん)経済(けいざい)全体(ぜんたい)をもっと活発(かっぱつ)にします。

今年(ことし)(2019(ねん))10(がつ)消費(しょうひ)税率(ぜいりつ)10%への()()げと同時(どうじ)に、毎日(まいにち)()べるすべての(いん)食料品(しょくりょうひん)(お(さけ)外食(がいしょく)以外(いがい))の税率(ぜいりつ)を8%のまま()()く「(けい)減税率(げんぜいりつ)」が公明党(こうめいとう)主張(しゅちょう)実施(じっし)されます。

()どもの将来(しょうらい)()まれ(そだ)った環境(かんきょう)左右(さゆう)されてはなりません。家庭(かてい)経済的(けいざいてき)理由(りゆう)(おや)のリストラ、会社(かいしゃ)倒産(とうさん)など)で、勉強(べんきょう)やスポーツなどをしたいという気持(きも)ちをあきらめなくてもいい対策(たいさく)(すす)めていきます。()どもが(すこ)やかに(そだ)っていけるよう、勉強(べんきょう)したいという気持(きも)ちを大切(たいせつ)にするよう、お(とう)さんお(かあ)さんの仕事(しごと)応援(おうえん)し、生活(せいかつ)援助(えんじょ)する、などの対策(たいさく)(すす)めていきます。

(とし)をとってからの生活(せいかつ)(ささ)えるため、(わか)いころから支払(しはら)ってきたお(かね)をもとに()()ることができる「年金(ねんきん)」が(すく)ないお年寄(としよ)りに、毎月(まいつき)最大(さいだい)で5,000(えん)一年間(いちねんかん)で6(まん)(えん))をずっと()()れるようにします。

給料(きゅうりょう)()えて、みんながもっと()(もの)をするようになれば、ものを()っているお(みせ)やつくっている会社(かいしゃ)(ゆた)かになり、そこで(はたら)(ひと)のお給料(きゅうりょう)()えて、日本(にほん)経済(けいざい)()くなっていきます。そのような経済(けいざい)成長(せいちょう)(つづ)くように、(いち)家庭(かてい)あたりのお給料(きゅうりょう)()えるようにしていきます。

同一(どういつ)労働(ろうどう)同一(どういつ)賃金(ちんぎん)(おな)仕事(しごと)には(おな)じお給料(きゅうりょう)支払(しはら)うという原則(げんそく))の実現(じつげん)や、1時間(じかん)あたりのお給料(きゅうりょう)全国(ぜんこく)平均(へいきん)で1,000円以上(えんいじょう)にアップさせるなど、お給料(きゅうりょう)()えるように()()みます。

(はたら)くお(とう)さんやお(かあ)さんの負担(ふたん)()らし、もっと家族(かぞく)()ごす時間(じかん)などが()えるよう、いまよりも(はたら)時間(じかん)(みじか)くしたり、(やす)みを()りやすくします。また、転勤(てんきん)しなくてもよいとか、1週間(しゅうかん)何時間(なんじかん)(はたら)けばよいとか、いろいろな(はたら)(かた)(えら)べる社会(しゃかい)をめざします。

(はたら)(ひと)子育(こそだ)てや介護(かいご)病院(びょういん)への通院(つういん)などをしやすいように、1時間(じかん)など(みじか)時間(じかん)でもお仕事(しごと)(やす)みやすくします。

きびしい(はたら)(かた)によって、健康(けんこう)(いのち)危険(きけん)(およ)ぶようなことは(ゆる)されません。そのような仕事(しごと)をさせるブラック企業(きぎょう)とブラックバイトがなくなるよう、対策(たいさく)(すす)めます。また、パワハラ(上司(じょうし)から部下(ぶか)へのいじめ)や、セクハラ(性的(せいてき)(いや)がらせ)など、あらゆるハラスメント((いや)がらせ、いじめ)を(ゆる)さない社会(しゃかい)をめざします。

保育(ほいく)介護(かいご)にかかわる仕事(しごと)がしたい」という(ひと)応援(おうえん)するため、保育士(ほいくし)さんや介護(かいご)のために(はたら)(ひと)のお給料(きゅうりょう)()()げるなど、もっと(はたら)きやすい環境(かんきょう)をつくります。そして、保育(ほいく)介護(かいご)のために(はたら)(ひと)()やします。

日本(にほん)会社(かいしゃ)のほとんどは、規模(きぼ)(ちい)さい中小企業(ちゅうしょうきぎょう)です。日本(にほん)経済(けいざい)成長(せいちょう)(ささ)えている中小企業(ちゅうしょうきぎょう)元気(げんき)になるように応援(おうえん)します。(とく)に、(はたら)(ひと)(すく)なくなっている中小企業(ちゅうしょうきぎょう)応援(おうえん)するため、(ひと)()わって(はたら)くことができる機械(きかい)やロボットなども使(つか)って、仕事(しごと)負担(ふたん)(すく)なくします。

建物(たてもの)(いえ)をつくる大工(だいく)さんや、トラックで荷物(にもつ)(はこ)ぶドライバーさん、バスやタクシーの運転手(うんてんしゅ)さんなどの(はたら)(ひと)たちのお給料(きゅうりょう)()がり、(やす)みもちゃんと()れて、元気(げんき)(はたら)けるように応援(おうえん)します。

おいしくて安全(あんぜん)日本(にほん)()(もの)和食(わしょく)は、海外(かいがい)でとても人気(にんき)があります。魅力(みりょく)ある地域(ちいき)特産品(とくさんひん)海外(かいがい)(ひと)()ってもらい、輸出(ゆしゅつ)応援(おうえん)することで、農林(のうりん)水産業(すいさんぎょう)元気(げんき)にし、さらに魅力(みりょく)ある仕事(しごと)にしていきます。

日本(にほん)では一年間(いちねんかん)(やく)646(まん)トン、毎日(まいにち)大型(おおがた)(10トン)トラック1,770台分(だいぶん)食品(しょくひん)が、まだ()べられるのに()てられています。まずは日本中(にほんじゅう)(ひと)に、この「食品(しょくひん)ロス」と()ばれる食品(しょくひん)のムダがあることを()ってもらい、()らすための()()みを(すす)めます。

日本(にほん)文化(ぶんか)(つた)える「日本(にほん)(はく)」をはじめとした、文化(ぶんか)プログラムを全国(ぜんこく)各地(かくち)実施(じっし)し、伝統(でんとう)文化(ぶんか)からマンガなどのポップカルチャーまで、幅広(はばひろ)文化(ぶんか)魅力(みりょく)世界(せかい)発信(はっしん)します。

2020(ねん)東京(とうきょう)オリンピック・パラリンピックをきっかけに、スポーツを(つう)じて、みんなが健康(けんこう)になれるような「スポーツ立国(りっこく)日本(にっぽん)」をつくります。

いまの日本(にほん)東京(とうきょう)大阪(おおさか)といった(おお)きな都市(とし)に、仕事(しごと)役所(やくしょ)(おお)きな施設(しせつ)集中(しゅうちゅう)しています。でも、「()まれ(そだ)った(まち)(はたら)きたい」「自然(しぜん)(ゆた)かなところで子育(こそだ)てしながら(はたら)きたい」「(とし)をとってからは(あたら)しい場所(ばしょ)(あたら)しいことをしたい」という希望(きぼう)()(ひと)もいます。いろいろな(ひと)要望(ようぼう)にこたえられるように、(たと)えば、都市(とし)から地方(ちほう)(うつ)()(ひと)たちを応援(おうえん)する制度(せいど)などを(ととの)え、日本中(にほんじゅう)活気(かっき)ある(くに)にしていきます。

高齢(こうれい)になっても安心(あんしん)してくらせるよう、住宅(じゅうたく)病院(びょういん)介護(かいご)などくらしのさまざまなサービスを、お年寄(としよ)りが()地域(ちいき)ですべて()けられる仕組(しく)みづくり(地域(ちいき)包括(ほうかつ)ケアシステム)を(すす)めます。また、認知(にんち)(しょう)かもしれないお年寄(としよ)りやその家族(かぞく)を、認知(にんち)(しょう)サポーターなど地域(ちいき)のみんなで(ささ)えていく()()みを(すす)めていきます。

日本(にほん)には、いろいろな地域(ちいき)にまだ()られていない農林(のうりん)水産物(すいさんぶつ)観光地(かんこうち)伝統的(でんとうてき)(しな)文化(ぶんか)といったものがたくさん(ねむ)っています。そういうものを()らない(ひと)たちに「いいね!」と(おも)ってもらえるように工夫(くふう)して、都市(とし)()(ひと)外国(がいこく)()(ひと)紹介(しょうかい)したり、外国(がいこく)(ひと)にもたくさん日本(にほん)()てもらい、観光(かんこう)してもらったりして、地域(ちいき)元気(げんき)(ゆた)かになるよう応援(おうえん)していきます。

学校(がっこう)施設(しせつ)などに太陽光発電(たいようこうはつでん)システムを()いて自然(しぜん)エネルギー(再生(さいせい)可能(かのう)エネルギー)を使(つか)えるようにしたり、(エル)(イー)(ディー)電球(でんきゅう)電気(でんき)の「()える()(スマートメーターを(ひろ)める)」を(すす)めて、エネルギーを節約(せつやく)する(しょう)エネ()()んだり、(あたら)しいエネルギーの使(つか)(かた)(かんが)えていきます。

快適(かいてき)でムダが()く、便利(べんり)未来(みらい)をつくるため、(エー)(アイ)人間(にんげん)知能(ちのう)使(つか)って(おこな)活動(かつどう)をコンピューターに()わりにさせる技術(ぎじゅつ))や、(アイ)(オー)(ティー)機械(きかい)道具(どうぐ)などのあらゆるモノをインターネットでつなぎ、それによってえられた情報(じょうほう)から(あら)たなサービスや製品(せいひん)()()技術(ぎじゅつ))の研究(けんきゅう)開発(かいはつ)(すす)めます。

携帯(けいたい)電話(でんわ)料金(りょうきん)(やす)くするためには、携帯(けいたい)電話(でんわ)会社(がいしゃ)同士(どうし)が、商品(しょうひん)値段(ねだん)(やす)さをどんどん(きそ)()うことが大切(たいせつ)です。そのため、携帯(けいたい)電話(でんわ)通信(つうしん)料金(りょうきん)本体(ほんたい)代金(だいきん)別々(べつべつ)にして、料金(りょうきん)プランをわかりやすくすることで、本当(ほんとう)(やす)料金(りょうきん)プランなどをしっかりと(えら)べるようにします。また、(なが)契約(けいやく)(いわゆる「2(ねん)(しば)り」)を途中(とちゅう)でやめる(とき)にかかるお(かね)(やす)くして、ほかの携帯(けいたい)電話(でんわ)会社(がいしゃ)簡単(かんたん)(あたら)しい契約(けいやく)(むす)べるようにします。

日本の未来、世界の平和

世界中(せかいじゅう)国々(くにぐに)協力(きょうりょく)しながら、世界(せかい)平和(へいわ)安全(あんぜん)(まも)り、元気(げんき)日本(にほん)未来(みらい)をつくるため、積極的(せっきょくてき)行動(こうどう)していきます。

世界(せかい)平和(へいわ)のために積極的(せっきょくてき)行動(こうどう)するのが公明党(こうめいとう)です(行動(こうどう)する国際(こくさい)平和(へいわ)主義(しゅぎ))。(くに)領土(りょうど)をめぐる問題(もんだい)解決(かいけつ)や、「*核軍縮(かくぐんしゅく)」や「*人間(にんげん)安全保障(あんぜんほしょう)」のための平和(へいわ)外交(がいこう)(すす)めていきます。

【*核軍縮(かくぐんしゅく)
第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦(たいせん)(とき)広島(ひろしま)長崎(ながさき)()とされた原子爆弾(げんしばくだん)などのように、人間(にんげん)(いのち)瞬時(しゅんじ)大量(たいりょう)にうばう核兵器(かくへいき)と、それを使(つか)(くに)()らし、()くしていくための()()み。

【*人間(にんげん)安全保障(あんぜんほしょう)
世界中(せかいじゅう)(むずか)しい問題(もんだい)解決(かいけつ)のために、人間(にんげん)安全(あんぜん)最優先(さいゆうせん)(かんが)えながら()()んでいくこと。

北朝鮮(きたちょうせん)(かく)・ミサイル開発(かいはつ)などを(あきら)め、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)非核化(ひかくか)実現(じつげん)できるよう、アメリカや韓国(かんこく)中国(ちゅうごく)やロシアなど世界(せかい)国々(くにぐに)協力(きょうりょく)し、平和(へいわ)解決(かいけつ)()けて努力(どりょく)していきます。

世界中(せかいじゅう)暴力(ぼうりょく)爆発物(ばくはつぶつ)による破壊(はかい)活動(かつどう)などにより、(つみ)のない人々(ひとびと)(きず)つけ、自分(じぶん)たちの目的(もくてき)達成(たっせい)させようとするテロ事件(じけん)発生(はっせい)しています。残念(ざんねん)ながら日本(にほん)にもその危険(きけん)(せま)っているのが現実(げんじつ)です。しかし「世界一(せかいいち)安全(あんぜん)(くに)日本(にほん)」をめざし、(おお)くの人々(ひとびと)(いのち)(うば)うテロを(ふせ)いでいく()()みを(すす)めます。

世界(せかい)には貧困(ひんこん)(くる)しむ人々(ひとびと)や、地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)問題(もんだい)など、世界(せかい)協力(きょうりょく)しないと解決(かいけつ)できない問題(もんだい)がたくさんあります。それらの問題(もんだい)解決(かいけつ)するため、国連(こくれん)では17の目標(もくひょう)()めました((エス)(ディー)(ジー)()持続(じぞく)可能(かのう)開発(かいはつ)目標(もくひょう)」)。日本(にほん)も、政府(せいふ)企業(きぎょう)研究者(けんきゅうしゃ)、*(エヌ)(ピー)(オー)などが協力(きょうりょく)しあいながら、平和(へいわ)世界(せかい)をつくるために努力(どりょく)していきます。

【*(エヌ)(ピー)(オー)
非営利(ひえいり)団体(だんたい)民間(みんかん)で、みんなのために(はたら)いて、お(かね)もうけを目的(もくてき)としない団体(だんたい)のこと。

2015(ねん)12()(がつ)世界(せかい)196()(こく)地域(ちいき)(ひと)たちがフランスのパリに(あつ)まって、世界中(せかいじゅう)自然(しぜん)やくらしに影響(えいきょう)(あた)えている地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)をくい()めるために、みんなで(ちから)()わせていくことを約束(やくそく)しました(パリ協定(きょうてい))。この約束(やくそく)()たすために、国民(こくみん)一人一人(ひとりひとり)環境(かんきょう)にやさしいくらしや行動(こうどう)選択(せんたく)できるような社会(しゃかい)をつくります。

プラスチックごみによる(うみ)のよごれが(おお)きな問題(もんだい)になっています。(わたし)たち人間(にんげん)動物(どうぶつ)への影響(えいきょう)心配(しんぱい)され、世界(せかい)では、プラスチックでつくられた製品(せいひん)()らす(うご)きが(ひろ)がっています。プラスチックごみを()らし、いかすための()()みとして、ムダなごみの(りょう)をできるだけ(すく)なくする、リデュ―ス(Reduce)、一度(いちど)使(つか)ったものをごみにしないで何度(なんど)使(つか)う、リユース(Reuse)、使(つか)()わったものをもう一度(いちど)石油(せきゆ)などの資源(しげん)(もど)して製品(せいひん)をつくる、リサイクル(Recycle)の*3R(スリーアール)に(ちから)()れ、(すす)めていきます。

【*3R(スリーアール)】
ごみを()らすために(こころ)がける()()みとして、Reduce(リデュ―ス)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つがある。頭文字(かしらもじ)がみんな「(アール)」なので、3R(スリーアール)とよんでいる。

(わか)(ひと)たちの意見(いけん)をもっと政治(せいじ)()()れやすくするため、公明党(こうめいとう)主張(しゅちょう)により「18歳以上(さいいじょう)」の(ひと)投票(とうひょう)することができるようになりました。今後(こんご)は、選挙(せんきょ)立候補(りっこうほ)してみんなの代表(だいひょう)(えら)ばれる権利(けんり)被選挙権(ひせんきょけん))の年齢(ねんれい)()()げをめざします。

(わか)(ひと)たちの(こえ)反映(はんえい)した政策(せいさく)法律(ほうりつ)をつくるため、政府(せいふ)若者(わかもの)政策(せいさく)担当(たんとう)する大臣(だいじん)やチームを設置(せっち)したり、全国(ぜんこく)各地(かくち)(わか)(ひと)たちの目線(めせん)意見(いけん)()かしたまちづくりが(すす)むよう、地域(ちいき)(わか)(ひと)たちが中心(ちゅうしん)になって(ひら)く「若者(わかもの)議会(ぎかい)」の開催(かいさい)応援(おうえん)します。

公明党ウェブサイトへ
Copyright © 2019 KOMEITO. All Rights Reserved.