衆院選2012公明党ホームページへ

2012年12月8日 公明党マニフェスト 12党中で最高点


公明党マニフェスト

「分かりやすく工夫光る」 早大研究所マニフェスト採点

早稲田大学マニフェスト研究所(北川正恭所長)は4日、今回の衆院選に候補者を擁立した12党の公約集(マニフェスト)の“出来栄え度”を公表し、公明党の重点政策に最高点を付けました。北川所長は日本でマニフェスト選挙を提唱した人物としても知られています。

同研究所は12党の公約を4項目、50点満点で検証。公明党は「政策の体系性・一貫性・独自性」の項目で8.00点、「国民起点度(読み手にとって分かりやすいかなど)」で8.25点と、それぞれ1位となりました。特に国民起点度では、アニメなどを使用していることに触れ、「わかりやすく見せる工夫が光る」と評価しました。

検証の結果、公明党マニフェストは33.25点、100点換算で66.50点と12党の中で最高点を獲得しました。

同研究所は「一番有権者、読み手を意識された作りになっている。『こども・子育てマニフェスト50』は、こども重視を示した斬新な取り組み」と総括しています。