衆院選2012公明党ホームページへ

空疎な景気対策、迷走する外交、遅れる復興、見通せない社会保障─。 民主党の内政・外交の失政は、国民生活と国益を傷つけてきました。 今回の衆議院総選挙は、日本の再建とその行方を決める大切な選挙です。 日本再建へ、公明党は豊富な経験と人材の力を全開にします。 民意を見、聴き、国政に反映させる公明党ならではのチームワークが、日本経済を再建、 国民生活を再建します。

政策は生活現場の中にある。 国民の生活を守るために政治を前に進める。そのために、公明党は民主党や自民党に、ある時は自制を求め、また決断を促してきました。政局ではなく政策に真摯に向き合ってきたのです。だからこそ、消費増税についても持続可能な社会保障制度を実現させるために安易な反対の道は選びませんでした。 「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」この立党精神を貫く公明党は、全国市町村での議員活動を展開し、地域の目となり、耳となり、声となって国政に日々反映しています。生活の現場から生まれた政策を実現する。公明党は、今日も明日も全力で働き続けます。

国益を守る。国民生活を守る。政策を貫く。 決められない政治。既成政党への批判。その裏返しとして、いわゆる“第3極”の動向が注目されています。しかし、急ごしらえの政策や、一時のブーム、大義なき連合に惑わされることなく、真に国民生活と国益を守る政治家と政党を見極める。それが今回の選挙です。

公明党は、 東日本大震災からの復興、 防災・減災ニューディールによる安心と経済の再建、 大胆なムダ削減の日本をつくるエネルギー社会の再建、 原発ゼロの日本をつくるエネルギー社会の再建、 など日本再建に向けたビジョンを具体的に示しています。

今こそ3年間の政治空白から脱却し、日本再建へ。 公明党は 国民の皆様にその実行と実現をお約束します。