古くなった国のカタチ

明治以前日本の行政単位は各地の
大名ごとの区分でした。

その数、なんと305府県。
国が何かひとつ連絡するのも大ごとでした。

-180

そこで明治政府は日本を
治めやすい仕組みに変えました。

それが今日の47都道府県
につながっています。

-180

-180

いま、私たちの生活圏、
経済圏は都道府県を越えて
広がっているのに、

徒歩や馬で移動していた
時代の区分のままです。

公明党

道州制
国のカタチってなに?

いま、日本は
一極集中による地方の疲弊と
二重三重の多重行政のムダという
大きな問題を抱えています。

首都圏一極集中

A県出身のAさんは
東京の大学を卒業後、
地元に帰ることを考えていました。

けれど、企業の多くは
首都圏に集中しています。
地元には仕事がありません。
帰りたいのに帰れない
そんな現象がおきています。

ますます、企業も、人も、
情報も、 お金も、
東京やその周辺に
集中しています。

地方の空洞化が進み、格差が拡大しています。

多重行政のムダ

Bさんの地方では冬になると
国道は国で、県道は県で、
市町村道は市町村、
それぞれが除雪をします。

同じ地域に
同じ仕事をする行政機関が
3つあることになります。

また、Cさんの地域では、
防災対策を進めようと
住民たちが町に
プランを出しました。
でも、県や国の仕組みが複雑で、
ものごとは全然進みません。

自分たちのことなのに、
自分たちで決めることができません。

多重行政はムダ行政です

地方がやるべきことを
国が手を出したり、決めていたり
県と市町村、それぞれが同じ事を
だぶってやっていたり、
多重行政によるムダは
身近に多く見られます。

もう、中央集権の国のカタチは限界に来ています。

地域主権型道州制とは

地域が自分で自分のことを決める国のカタチが求められているのです。

地域主権型道州制

そこで、地域主権型
道州制です。

9道州、11道州、13道州
まず、現在の行政単位を
もっと大きな9、11、13などの
道州に分け直します。

日本の各地域は海外の一国並の
生産力を持っています。

詳しくはこちら

  • 国<国家主権に関わる政策>外交安全保障など
  • 道州<広域的な行政>産業振興など
  • 基礎自治体(市町村)<住民に身近な仕事>まちづくりなど

国の役割は、外交や防衛など国家全体に関わることに限定し国、道州、基礎自治体の3つで役割を分担し、行政の効率化を図ります。

これが国会議員や国家公務員の大幅な削減など、大胆な行政改革に結びつきます。
詳しくはこちら

-100

自分たちのことは、
自分たちで決めることができ、
観光に強い地域、農作物が豊かな地域、
エンターテインメントが集まる地域など、
それぞれの個性や独自色が
出しやすくなるでしょう。

  • エンターテインメント
  • 自由貿易
  • 観光
  • 農業
  • 海洋

地域は個性を競い、
パワーを全開にします。

-100

新しい国のカタチへ

公明党はいち早く
この考え方を主張し、
2006年には
道州制担当相が設けられ、
この頃から議論が
本格化したのです。

1991年から提案、2006

  • YES!
  • NO!
  • YES!
  • NO!
  • YES!
  • NO!

けれど、地域によっては
反対の声もあります。
公明党は反対も、賛成も、
国民みんなで
議論を重ねることを
引き続きリードしていきます。

詳しくはこちら

元気な地域

元気な日本