シェアして公明党

危険ドラッグの「規制強化」

「危険ドラッグ」が原因とみられる事件や事故が社会問題になっており、規制を強化する改正薬事法の制定を公明党がリードしてきました。具体的には指定薬物と同等以上に毒性があると思われる物品にまで販売停止命令を拡大し、規制・罰則を強化。また危険ドラッグの原料となる指定薬物が違法に輸入された場合、税関で没収・廃棄できるようになりました。今後も先頭に立って危険ドラッグ対策に取り組んでいきます!

危険ドラッグの「規制強化」