シェアして公明党

「がん検診無料クーポン」の配布

国民の2人に1人がかかり、日本人の死因第1位である「がん」。医療技術の進歩により早期発見・早期治療で治る確率は格段に上がっているにも関わらず、検診の受診率は長年20〜30%台に低迷していました。そこで公明党が主導して、乳がん・子宮頸がん・大腸がん検診の無料クーポンの配布や、未受診者に手紙や電話であらためて受診を勧める制度を実現させました。これにより、胃がん、大腸がん、肺がんに、乳がんと子宮頸がんを合わせた、全体の「がん検診」受診率を、わずか3年で40%台まで上げることができました。「命を守る」公明党の取り組みが着実に成果を上げています!

「がん検診無料クーポン」の配布