公明党公明党

公明党トップ / 党概要 / 沿革

党概要/公明党について

沿革

1961年(昭和36年)
11月27日 「公明政治連盟」結成。
1962年(昭和37年) 4月2日 機関紙「公明新聞」創刊。
1964年(昭和39年) 11月17日 「公明党」結成大会開催。
1965年(昭和40年) 6月14日
7月4日
7月24日
東京都政浄化の主張が実り、都議会リコール解散。
第7回参院選で11人当選。
都議選で23人全員当選。
1967年(昭和42年) 1月29日
5月
第31回衆院選で25人当選(衆議院に初進出)。
イタイイタイ病を初めて国会で取り上げる。
1969年(昭和44年) 3月8日
12月28日
「児童手当法案」を発表し、国会へ提出。
第32回衆院選で47議席となり、第3党に。
1971年(昭和46年)
5月21日
6月15日
公明党の主張で政府が提出した「児童手当法案」が成立。
党第1次訪中団出発、中日友好協会代表団との共同声明に調印。
1975年(昭和50年)
4月28日 統一地方選の結果、地方議員3千300人に。
1976年(昭和51年) 12月14日 衆議院での院内名称を「公明党・国民会議」と改称。
1979年(昭和54年) 10月7日 衆院選で58議席(国民会議含む)獲得。
1980年(昭和55年)
6月22日 衆・参同日選挙。衆院34議席に後退。
1982年(昭和57年) 6月10日 核兵器廃絶を求める1000万人の署名を国連事務総長に提出。
1983年(昭和58年) 12月18日 衆院選で結党以来最高の59議席(国民会議含む)獲得。
1986年(昭和61年) 7月 衆・参同日選挙。衆院57議席、参院選比例代表で743万票獲得。
1992年(平成4年)
7月 参院選で6選挙区全員当選、比例区8人当選。比例区では641万票を獲得。
1993年(平成5年)
7月18日
8月9日
第40回衆院選で52名当選。比例区では511万票を獲得。
細川連立内閣が正式に発足、公明党から4人が入閣。
1994年(平成6年) 4月28日
6月25日
11月5日

12月5日
12月10日
羽田新内閣が発足。公明党から6人が入閣。
羽田内閣総辞職。
第33回党全国大会。
「分党・二段階」方式で、「新進党」へ参加の方針を決定。
地方議員中心の「公明」を結成。
「新進党」結党大会。
1997年(平成9年) 7月6日
12月27日
東京都議選 21選挙区で24人全員当選。
新進党 両院議員総会で解党宣言。
1998年(平成10年) 11月7日 「公明」と「新党平和」が合流、公明党を再結成。
1999年(平成11年) 10月5日 自民、自由、公明の「自自公」連立内閣が発足。
2000年(平成12年)
4月5日
6月25日
森内閣が発足。新たな「自公保」連立政権がスタート。
第42回衆院選。31議席、比例票では過去最高776万票。
2001年(平成13年) 4月26日 第1次小泉内閣発足。「自公保」連立政権継続。
2003年(平成15年) 11月19日 第2次小泉内閣において「自公」連立政権となる。
2005年(平成17年) 9月11日 第44回衆院選、比例区で過去最高得票の898万票を獲得。小選挙区で8、比例区で23、計31議席を確保。
2006年(平成18年) 9月26日
9月30日
安倍内閣発足。「自公」連立政権継続。
第6回公明党全国大会で「新宣言」を発表。
2007年(平成19年)
9月26日 福田内閣発足。「自公」連立政権継続。
2008年(平成20年)
9月24日 麻生内閣発足。「自公」連立政権継続。
2009年(平成21年) 8月30日
9月8日
第45回衆院選で21議席に後退。比例票は805万票。
臨時全国代表者会議で山口那津男新代表を選出。
2010年(平成22年)
7月11日 第22回参院選で選挙区3議席、比例6議席を獲得。比例票では763万票。
2011年(平成23年) 4月10日

4月24日
第17回統一地方選挙前半戦で331人(推薦1を含む)が出馬し、329人(同)が当選。
第17回統一地方選挙後半戦で1263人全員当選(うち30人が無投票当選)。
2012年(平成24年) 12月16日


12月25日
12月26日
第46回衆議院総選挙。擁立した9選挙区で結党以来初となる「選挙区完勝」。比例区でも22議席、合計31議席を獲得し、前回比10議席増の躍進。比例票では711万票を獲得。
自民党との連立政権樹立を合意。3年3カ月ぶり。
自公連立政権による第2次安倍内閣が発足。
2013年(平成25年) 6月23日

7月21日
東京都議会議員選挙。23人全員当選し都議会第2党となった。都議選の完勝は1993年以来6回連続。
第23回参議院議員選挙。埼玉、東京、神奈川、大阪の4選挙区で完勝、比例区でも7議席を獲得し、改選10議席を上回る11人が当選。比例で756万8080票を獲得し、初めて比例区で第2党の座に就いた。参院で与党が少数の“ねじれ”が解消。
2014年(平成26年) 12月14日 第47回衆議院総選挙。9小選挙区で完全勝利し、比例区でも全国11ブロックで4増の26人が当選。小選挙区比例代表並立制で最多となる計35議席を獲得。比例区では731万票を獲得。
2015年(平成27年) 4月12日

4月26日
第18回統一地方選挙前半戦で345人(推薦1を含む)が出馬し、344人(同)が当選。
第18回統一地方選挙後半戦で1248人が出馬し、1245人が当選(うち42人が無投票当選)。

党概要

ソーシャルメディア