NEWS

夢持ち活躍できる社会へ/佐々木さん 青森で青年と意見交わす

2018 . 04 . 23

公明党の佐々木さやか学生局長(参院議員)は22日、青森県八戸市で開かれた若い世代との政策懇談会「ユース・トーク・ミーティング」に参加し、男女40人と若者支援策の課題などについて活発に意見を交わした。真山祐一前衆院議員、夏坂修・党県青年局長(八戸市議)らが同席した。

参加者からは、「保育士の職場で有給休暇が取りにくい」「子育てにかかる費用負担が心配」「地域生活で欠かせない自動車の税負担を軽減してほしい」「介護職の処遇改善をさらに進めるべき」などの声が寄せられた。

佐々木さんは、これらの課題に取り組んでいくことを強調。「若者の声を政策に生かし、一人一人が夢と希望を持って活躍できる社会を実現する」と語った。

佐々木さんは同日、青森市で開かれたユース・トーク・ミーティングにも参加した。