臍帯血って何?

もうすぐ出産される妊婦さんに聞いていただきたい話があります。

臍帯血って何でしょう?(臍帯血の知識1)

臍帯血って何でしょう?

臍帯血とは、胎盤とさい帯(へその緒)の中にある血液のことです。その中には血液の元になる細胞がたくさん含まれています。
胎盤は、赤ちゃんが生まれてさい帯を切り、10分から30分くらいの間に、後産(あとざん)として出ます。臍帯血の採取量は70ccから80ccが平均的といわれていますが、200cc以上のケースも報告されています。

白血病や再生不良性貧血などの患者さんの根治治療として、当初、骨髄移植(骨髄に含まれる造血幹細胞=血球を作る細胞を移植することで病気を治す)が医療として取り入れられ、徐々にこれらの病気が治る症例が増え、「不治の病」とは言われなくなっていきました。
しかし、骨髄の提供者(ドナー)のコーディネート(調整)に長期間が必要な上、ドナーから骨髄を採取する際に行う全身麻酔や数日間の入院が必要なうえ、ドナーの都合で骨髄提供を断られることもあり、患者さんの必要な時に間に合わないというケースが起こっていました。

これに比べて臍帯血移植には、以下のようなメリットが挙げられます。

  1. 臍帯血は既に採取され、冷凍保存されているものを使うので、治療が必要とする時すぐに供給できる
  2. 提供者が外科的行為を受けることなく安全で、経済的、時間的負担がほとんどない
  3. 血液のHLA(白血球の血液型)のタイプが多少違っても拒絶反応を起こしにくい
  4. 臍帯血中の造血幹細胞は骨髄液中のそれに比べ5~10倍多い

臍帯血移植のメリットについて、さらに詳しく知る

どんな人を助けられるの?(臍帯血の知識2)

どんな人を助けられるの?

臍帯血移植では、骨髄移植と同様の病気の治療ができます。

白血病

白血病のうち、通常の化学療法(抗癌剤での治療)では治癒が望めないものに対して適応となります。

再生不良性貧血

再生不良性貧血では、骨髄移植による治療が優先されますが、何らかの理由で、その治療が無効あるいは受けられない場合に、臍帯血移植が行われます。

先天性免疫不全症

先天性免疫不全症においては、多くの場合患者さんが体重の少ない乳幼児であることや拒絶をするだけの免疫能がないことなどの理由から、臍帯血移植が適していると考えられています。

先天性代謝異常疾患

ムコ多糖症、副腎白質ジストロフィー(ALD)などの先天性代謝異常疾患では患者さんの免疫能が正常であることから、移植した臍帯血が生着しないことが多いので、拒絶を防ぐための治療上の工夫が必要です。

どのぐらいの人が助かったの?(臍帯血の知識3)

臍帯血移植は今や骨髄移植とともに、血液疾患の根治治療として確立しています。累計移植実施症例数は7,521例 (2011年6月30日現在。日本臍帯血バンクネットワークによる)にも上り、多くの患者の命がこの治療によって救われています。

どこの病院で移植できるの?(臍帯血の知識4)

臍帯血の採取には、厳密な基準があります。そのためにはスタッフの訓練と採取施設(産科病院)との契約が必要です。
採取された臍帯血は、移植治療に使用するまで凍結保存をします。また、移植を受ける患者さんの安全を確保するため、処理と保存には無菌管理が必要です。このため、出産による臍帯血の採取は、契約した産院でのみとなっています。

私でも臍帯血をあげられるの?(臍帯血の知識5)

出産の際にお母さんのご協力で「提供」していただいた「臍帯血」は、患者さんの治療のため移植に使われます。そのため、移植に用いる臍帯血は、健康な母子から採取され、高度な基準のもとに保存されたものでなくてはなりません。
また、臍帯血を採取できる病院は、全国113の臍帯血バンク提携施設となります。

私たちは臍帯血で命を救われました(対談)

ページTOP

公明党