これからの課題は?

「企業・団体献金の全面禁止」で抜け穴をふさぐ

公明党は党是である「清潔な政治」の実現を目指して闘ってきました。
とりわけ連立政権参加移行は「政治とカネ」をめぐる不祥事を一掃するため政治資金規正法を何度も改正しました。
しかし、現在の政治資金規正法にはまだ抜け穴があり、事実上の迂回献金が可能になっています。公明党はこの抜け穴をふさぐため、政治腐敗の温床とされる企業や労働組合など団体からの献金を全面禁止することを目指しています。

「秘書がやった」を封じる

また「政治とカネ」の疑惑が発覚するたびに繰り返される「秘書がやった」という言い訳(いわゆる”トカゲのしっぽ切り”) を封じるためには、議員の監督責任を強化することも提案しています。秘書などの会計責任者が虚偽記載などで有罪になれば、その議員の公民権(選挙権や被選挙権)を停止し、政界から退場させるように仕組みを変えていきます。
これには反対する勢力も多く、実現に至るのは険しい道のりですが、公明党は「清潔な政治」のために、議会で確固たるポジションを築き、理想の実現のために一歩一歩進んでいきます。